コンプライアンス

グループの全役員・従業員が法令を遵守し、倫理的に行動するために、「企業倫理規定・行動方針」の国内外での徹底など、コンプライアンス推進体制の拡充に努めています。

企業倫理規範・行動指針

CSRの観点から改訂し、世界の全拠点に配布

ムラタは2002年7月に「企業倫理規範・行動指針」を制定しました。2007年4月には、これをCSRの観点から改訂。グループの全役員・従業員が、一丸となって、ステークホルダーや社会に対して私たちのとるべき行動を約束・宣言しました。
この改訂版「企業倫理規範・行動指針」を村田製作所と国内関係会社の役員・従業員に配付。さらに、英語版・中国語版を作成し、2007年9月に海外全拠点に配布しました。海外各拠点では、これを現地の法令や社会制度に合わせて修正し、全従業員に配付しました。 

カルテル及び贈収賄防止に関するベーシックポリシー

グローバル・コンプライアンス体制の構築に向けて

ムラタは2014年5月に「カルテル及び贈収賄防止に関するベーシックポリシー」を制定しました。「企業倫理規範・行動指針」でも、カルテルや贈収賄を禁止していますが、グローバルに事業を展開する企業として、あらためて、カルテルと贈収賄に対するムラタの基本姿勢を発信しました。
私たちは、この「ベーシックポリシー」を守って事業活動を行います。


カルテル及び贈収賄防止に関するベーシックポリシー (PDF: 157KB)

コンプライアンスの推進

コンプライアンス推進体制を構築

村田製作所では、CSR統括委員会の下部委員会として「コンプライアンス推進委員会」を設置。「企業倫理規範・行動指針」の改訂や周知活動の立案・実施などについての基本的な方向を審議・決定しています。

また、「企業倫理規範・行動指針」を従業員に周知するために、各部門で「コンプライアンス推進リーダー」を選任。リーダーは、eラーニングを受講するなどして得た知識を、各部門で開催されるコンプライアンス推進ミーティングなどを通して従業員に伝達しています。

コンプライアンス推進ミーティング
コンプライアンス推進ミーティング
コンプライアンス推進体制
コンプライアンス推進体制 (2017年4月1日現在)

通報制度・相談窓口

ムラタでは、コンプライアンスに関わる疑問や問題を、メールや電話などで相談・通報できる窓口を3種類設けています。 1つめはコンプライアンス推進委員会事務局による社内窓口。2つめはダイヤルサービス (株) による「村田製作所グループコンプライアンス違反ホットライン」を社外窓口とするもので、電話相談の専門家が対応します。3つめは村田製作所の監査等委員会による窓口です。いずれの窓口も匿名で利用でき、相談・通報者のプライバシー保護、相談・通報者が不利益を被らない仕組みを整えています。
これら窓口は、当社の従業員 (役員、従業員、臨時員・パートタイマー・嘱託員。ただし退職者を除く) とその家族のほか、当社の職場で働く人材派遣会社の従業員、業務請負元の従業員、当社のお客様や仕入先様などの取引先の従業員も利用できます。