ムラタの森林保全活動/出前授業

写真左より 株式会社村田製作所 環境・安全部 坂田 繁寛 環境・安全部 環境安全推進課 中田 佳代
写真左より
株式会社村田製作所
環境・安全部
坂田 繁寛
環境・安全部 環境安全推進課
中田 佳代

継続的な活動が評価され、
「ムラタの森、林野庁 長官賞」を受賞。

本社では2007年度より、森林保全活動「ムラタの森」を行っています。京都府亀岡市神前区の森林をフィールドに、月に1度のペースで地元の皆様のご支援をいただきながら、当社従業員とその家族のボランティアによって間伐作業を中心に活動を進めています。昨年の秋、約10年にわたる継続的な活動が高く評価され、京都府で開催された「第40回全国育樹祭」において、「林野庁 長官賞」を受賞しました。今後も積極的に活動に取り組み、この賞に恥じない存在であり続けたいと思います。

*森林保全活動「ムラタの森」は、1992年の世界地球サミットでカナダが提唱した持続可能な地域環境づくりの実践活動「モデルフォレスト運動」の日本における実践第1号です。

中国の子どもたちとも一緒に 希望と好奇心を育みたい。

中国の子どもたちとも一緒に希望と好奇心を育みたい。

ムラタでは、モノづくり企業として、モノづくりを支える「技術者」の仕事や面白みを伝えるために2006年より国内外の小学校、中学校などを中心に出前授業を行っています。

中国にある無錫村田電子有限公司では、2016年12月に近隣の小学校で出前授業を実施しました。

自転車型ロボット「ムラタセイサク君®」や一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん®」のバランスを保つ仕組みや、開発中の様子を紹介することで理科・科学技術分野の知的好奇心を刺激するとともに、技術者の仕事のやりがいや、失敗してもあきらめないことの大切さを伝えました。

また、これからの学習の一助になることを願って図書の寄贈もあわせて行いました。ムラタは、子どもたちに夢や希望を与えることができる企業でありたいと願っています。