公益財団法人 村田学術振興財団 2016年研究助成金贈呈式について

NewsArticleTitle

2016/07/22

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

公益財団法人 村田学術振興財団[理事長 村田 恒夫(株式会社村田製作所 代表取締役社長)]は、このたび2016年度の研究助成金の交付対象者を決定し、本日研究助成金の贈呈式を執り行います。

概要

当財団は、村田製作所の設立40周年を機に設立され、自然科学、特にエレクトロニクスを中心とするものや人文・社会科学の研究に対する助成等を通じて、わが国の学術および文化の発展に寄与することを目的としており、今回で32回目の助成・援助の贈呈となります。
助成内容は「研究助成」「学術研究会(学会)助成」「研究者海外派遣援助」の3プログラムに分かれており、今年度の助成は総額2億6000万円、件数は257件となります。
当財団は、安定した高額助成を継続しており、特に若い方々への助成に力を入れております。また申請者は年々増加しており、助成対象の機関は様々な分野に裾野が広がりつつあります。

今年度の研究助成内訳

プログラム 分野

2016年
助成件数

2016年
助成金額
(千円)

昨年
助成件数

昨年
助成金額
(千円)

研究助成
自然科学系
94 176,000 97 160,000
人文社会科学系
25 38,000 26 35,000
合計 119 214,000 123 195,000
学術研究会(学会)助成
自然科学系
32 21,000 30 20,280
人文社会科学系
6 3,000 4 2,000
合計 38 24,000 34 22,280
研究者海外派遣援助
自然科学系
77 16,000 70 15,400
人文社会科学系
23 6,000 19 5,700
合計 100 22,000 89 21,100
総合計 257 260,000 246 238,380

主な受賞者(敬称略)

申請者 所属機関
役職
研究課題
武田 博明
東京工業大学
物質理工学院・材料系
准教授
水晶を凌駕する微小質量センサ用
圧電結晶材料の創製
野口 篤史
東京大学
先端科学技術研究センター
特任助教
表面弾性波を用いた
量子デバイスの開発
中村 将志
千葉大学
大学院工学研究科
准教授
電極界面における平衡・非平衡
過程の構造ダイナミクス
新居 陽一
東京大学
大学院総合文化研究科
助教
キラル磁性体におけるフォノン・
マグノン結合とその異常な
輸送現象の開拓
田中 陽
理化学研究所
生命システム研究センター
集積バイオデバイス研究ユニット
ユニット
リーダー
MEMS技術を用いた
立体的分子集積と
イオン式発電機への応用
岡林 潤
東京大学
大学院理学系研究科
スペクトル化学研究センター
准教授
スピンオービトロ二クスの
創出に向けた軌道磁気モーメント
変調方法の確立
桐谷 乃輔
大阪府立大学 大学院工学研究科
テニュアトラック
助教
超酸分子を用いた
無機デバイス材料表面の
溶液パッシベーション法の開拓
徳永 将史
東京大学 物性研究所
准教授
その場観察を用いたBiFeO3の
不揮発性メモリー効果に関する
研究
木野 久志
東北大学
学際科学フロンティア研究所
助教
透明記録電極の開発による
光遺伝学用シリコン神経
プローブの高機能化
坂本 良太
東京大学
大学院理学系研究科化学専攻
助教
二次元原子層高分子
「ボトムアップ型」ジピリン
金属錯体ナノシートの太陽電池
への応用
福川 信也
東北大学 工学研究科
准教授
海外指向スタートアップ
(ボーン・グローバル)の特許・
意匠権が成長に与える影響:
国際・産業間比較
保城 広至
東京大学 社会科学研究所
准教授
知的財産権保護と国際貿易
--米国FTAと医薬品輸出減少の
パラドックス--
鈴木 將文
名古屋大学大学院法学研究科
教授
経済統合における共通的な
知的財産権保護・執行制度に
関する研究


公益財団法人 村田学術振興財団 概要

所在地: 京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
設立年月日: 1985年2月5日
代表者: 理事長 村田 恒夫(株式会社村田製作所 代表取締役社長)
ウェブサイト: http://www.murata.co.jp/zaidan/


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp