AMRセンサ、工作機械向けアナログ出力タイプを商品化

2017/08/23

要旨

村田製作所は磁気センサのラインアップを拡充し、AMRセンサのアナログ出力タイプとしてMRESシリーズを商品化しました。工作機械のロータリーエンコーダを主な用途として、7月から量産を開始しております。


詳細

AMRセンサは磁気抵抗素子を用いた磁気センサです。モーターの回転軸などに磁石を取り付け、これに近接させることで回転や変位を検出することができます。
工作機械などのロータリーエンコーダには小型・低消費が求められています。そのようなニーズに応えるため、弊社では高抵抗なAMR素子によるアナログ出力タイプのMRESシリーズを開発し、これまでのICを内蔵したデジタル出力タイプ(磁気スイッチ)と併せてAMRセンサのラインアップを拡充しました。
今後は、工作機械をはじめ各種工業機器のエンコーダへの拡販を目指します。


主な仕様 例:MRES301B
  
 項目  値  条件
 電源電圧  5.0V  
 抵抗値  550kΩ Typ  Vcc-Gnd間
 中点電位  2500mV Typ.  
 磁界印加時変動値  25mV Min.  B=8mT


外形寸法

4.0 x 4.0 x 0.7 mm


磁界印加方向及び等価回路


出力例


応用例

サイトURL

AMRセンサ エンコーダ用アナログ出力タイプ




ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp