磁性体

チップコイル

電気と磁気のエネルギー変換

磁界のなかに置くと磁気を多く取り込む磁性体セラミックス (=フェライト) の特性を利用して、ムラタではEMIフィルタなど電磁障害対策部品に応用しています。

磁性をもったセラミックスは、フェライトと呼ばれます。フェライトは、永久磁石の性質をもつハード・フェライトと、磁気をコントロールしやすいソフト・フェライトに分けられます。ソフト・フェライトは電気と磁気のエネルギーを相互に変換できるので、電子機器の磁気的な環境を、電気的に制御できるわけです。ムラタは、この特性をEMI(電磁障害)対策部品に応用して、さまざまなEMI除去フィルタを製品化しています。そのほか、フェライトの非可逆特性を利用して携帯電話の中で活躍するアイソレータや、電波吸収シートなど、さまざまな製品に応用しています。

磁性体の性質を動画でご紹介します。

その他の性質も動画でご紹介しています。