半導体

サーミスタ

回路の交通整理

電流や温度の変化によって電気の通りやすさが変わる特徴を持つ半導体セラミックスは、家電製品の制御や過熱保護などに幅広く活用されています。

絶縁体と導体金属などの中間の抵抗値を示す物質を半導体といいます。いくつかの種類の半導体セラミックスは、ある温度になると抵抗値が大きくなり電流を通さなくなる性質 (正特性) に優れています。ムラタは早くからこの点に着目して、正特性サーミスタの量産に成功し、回路保護用などの部品として応用してきました。反対に、温度の上昇とともに抵抗値が小さくなる負特性サーミスタも製品化しており、温度センサ、温度補償用などに広く利用されています。

半導体の性質を動画でご紹介します。

その他の性質も動画でご紹介しています。