CEATEC JAPAN 2016

[CEATEC JAPAN 2016] 出展情報

CEATEC JAPAN 2016のムラタブースのテーマは「Enabling your innovation」です。
「IoT社会を技術によって実現していきます。」というメッセージを込め、IoT社会を支える技術やソリューションを提案いたします。

ceatec2016_logo2

booth_ceatec2016
 会期: 10月4日(火)~10月7日(金)                               
 会場: 幕張メッセ  
 URL: http://www.ceatec.com/ja/
 
 当社ブース: 5Hall 5C77
 

出展に関するニュースリリースはこちら> 

今回のムラタブースはヘルスケア・自動車・エネルギーの3つの注力市場を中心に、デモンストレーション交えて
当社の技術や製品などのソリューションを紹介いたします。
IoT社会を実現するためにコラボレーションしているパートナー企業との事例展示や、IoT機器には欠かせない
通信モジュール、各種センサ、電源モジュール、小型汎用部品など多様なニーズに応える電子部品も紹介いたします。


(1)ヘルスケア~ウェアラブル機器を支える小型化技術~
ニーズや用途がますます広がるウェアラブル機器。超小型・低消費電力のデバイスや小型化技術・設計力を
ワイヤレスモーションキャプチャのデモンストレーションを通じて紹介いたします。

○注目アイテム~ワイヤレスモーションキャプチャシステムデモ~
Wireless motion capture system demonstration

 人体に8つのセンサプローブを貼り、それらを無線でつないで
 ゴルフスイングをモーションキャプチャします。
 従来は有線でつないだセンサプローブやカメラによって動作記録していましたが、
 小型・薄型のワイヤレスセンサプローブによって360度の動作を手軽に検知・記録できます。





 


(2)自動車~交通システムを支えるソリューション~
新興国においてまだまだぜい弱な交通インフラ。センサと通信モジュールを使い交通情報を取得して、
クラウドやスマートフォンにデータ転送できる産業用メッシュネットワークとそのプラットフォームをご提案いたします。

○注目アイテム~トラフィックカウンタシステム~
   信号機や交通標識にセンサノードを取り付け、独自のアルゴリズムによって道路レーンごとの
交通量や車速、環境情報などさまざまな情報を収集。作業用メッシュネットワークで各センサノードとクラウドを結んで
取得データをマネジメントできる概念をプロジェクションマッピングで紹介いたします。

(3)エネルギー~Energy Managementシステム~
エネルギーが、いつ、どこで、何に使用されているかを「見える化」し、
エネルギー使用量の最適化を実現する技術と国内外6箇所の採用事例と実証実験を紹介いたします。
・環境・エネルギー関連システム、産業機器の制御・IoT化に必要なセンサ群

(4)RFIDデモンストレーション
RFIDタグを貼付したカードを来場者の皆様にブースで配布します。
各コーナーにいる説明員の説明を受けてカードをリーダにかざすとポイントがつきます。
色々なコーナーで説明を受ければ、どんどんポイントが溜まっていき最後に獲得ポイントを集計すると……。詳細はブースで!
・RFID用デバイス

(5)Open Innovation
サイバーエージェント社主催のクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake(マクアケ)」と
連携したアイデアコンテストの受賞作品を紹介いたします。
 ・「IoTアイデアコンテスト」開催のお知らせ~クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」と連携~