会社概要

ハクイ村田製作所は、1967年の操業開始以来、数多くの電子部品の立上げ・量産を行ってきました。

特に現在も生産しているセラミックフィルタ、セラミック発振子などの圧電製品製造の本拠地として、また表面波フィルタ、マイクロフォーク、赤外線センサ等の生産も手掛けるなど、古くから主力生産工場として電子部品の生産改善、技術ノウハウを蓄積してきました。
現在も、セラミックフィルタ、セラミック発振子、圧電ブザー、赤外線センサ、超音波センサなど国内村田グループの中でも屈指の多品種の電子部品を生産しており、ハクイ村田のものづくり力に期待されているものです。

今後も、圧電技術とセンシング技術をベースによりよい電子部品を生産し、電子機器の進展と人々の豊かな生活の実現に貢献していきます。
商号 株式会社 ハクイ村田製作所
創業 1967年4月
資本金 5千万円
代表者 代表取締役社長 萱原 史也
工場長 取締役工場長 原 泰
事業内容 圧電セラミック部品およびセンサ商品の製造
生産品目: セラミックフィルタ、セラミック発振子、圧電ブザー、赤外線センサ、超音波センサなど
従業員数
(2016年9月現在)
354名
売上高
(2016年3月期)
1,210,841百万円 (※村田製作所グループ連結)
所在地 〒925-8555 石川県羽咋市柳橋町柳橋52
JR羽咋駅 東口より徒歩5分
沿革
1966年12月 能登電子工業 (株)
(現: (株) ハクイ村田製作所) 設立
1967年4月 セラミックフィルタの生産開始
1981年8月 生産棟 (E棟) 竣工
1982年11月 日本電子部品信頼性センター (RCJ) 品質認証取得
1990年4月 社名を現在の (株) ハクイ村田製作所に変更
1992年7月 ISO9002製造業者認定を取得
1995年10月 事務厚生棟 (F棟) 竣工
1999年2月 QS9000製造業者認定を取得
1999年12月 ISO14000認定を取得
2002年4月 旧トギ電子工業 (株) を吸収合併し、ハクイ工場・トギ工場の2工場体制化
2003年4月 トギ工場を閉鎖し、ハクイ工場に統合
2004年06月 ISO/TS16949認定を取得
2004年10月 新生産棟 (A1棟) 竣工
2012年12月 OHSAS18001認証を取得
2015年03月 トギ工場跡地に「ソーラーパーク富来」を設置