地域とのつながり

そこにムラタがあることが地域の喜びであるように

出雲村田製作所では、社会・地域への責任と行動に関するこの理念を受け、積極的に社会・地域との交流活動を展開しています。
 

そこにムラタがあることが地域の喜びであるように

出雲村田製作所 社会・地域交流活動方針

  1. 社会・地域の方々の声にしっかりアンテナを向け、ニーズにマッチした活動を展開する。
  2. 社会・地域の方々にとっての出雲村田の価値を高め、出雲村田ファンの拡大を図る。
  3. 交流の主体は「出雲村田全従業員」と考え、姿の見える活動を展開する。
  4. 活動を通じて、従業員の喜びと成長の実感、組織への誇りの創出を図る。

椿・桜の一般公開

出雲村田製作所では、事業所を開設した1984年当時から「森の中の工場づくり」のスローガンを掲げ、桜と椿の植栽を続けてきました。約1,000種類・1,130本の椿と、65種類・396本の桜があります。

構内の椿・桜の一般公開は1994年から始まり、以降毎年地域の皆さまにご覧頂いています。

ボランティアで集まった従業員スタッフが地域のみなさまと触れ合うことのできる、出雲村田製作所の恒例行事です。

ムラタセイサク君®とムラタセイコちゃん®によるデモンストレーションを行ったり、お花を見ながら抹茶とお菓子を召し上がっていただく野点のサービスなどの様々なおもてなしでみなさまのご来場をお待ちしております。
ボランティアで集まった従業員スタッフが地域のみなさまと触れ合い
約1,000種類・1,130本の椿と、65種類・396本の桜
ムラタセイサク君®とムラタセイコちゃん®によるデモンストレーション

出前学習

従業員スタッフが小学校を訪れて子どもたちに授業をする、出前学習を行っています。

自転車型ロボット「ムラタセイサク君」と一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」のデモンストレーションを通じて、子どもたちに理科や科学に興味を持ってもらうための科学学習、またクイズで環境保護について学んでもらう環境学習があります。

また毎年秋には、出雲科学館で出雲市内の中学校3年生を対象とした「科学技術の進歩と人間生活」の授業があり、その中でセイサク君とセイコちゃんのデモンストレーションを行っています。
自転車型ロボット「ムラタセイサク君」と一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」のデモンストレーション
クイズで環境保護について学んでもらう環境学習
「科学技術の進歩と人間生活」の授業

その他 (工場見学、地域清掃)

この他にも出雲村田製作所のものづくりの現場を見ていただく工場見学を受け入れています。
また会社周辺の地域清掃や、宍道湖一斉清掃へ参加しています。
工場見学
会社周辺の地域清掃