生産技術

生産技術

独自の製品を、極めて高度な微細加工技術で、安定した品質でかつ高速に量産するため、金沢村田製作所は生産設備の開発にも大きな力を注いできました。工程で使われる多くの自動化機器を、メカトロニクス技術、システム化技術で開発。同時にIEなどによる管理技術で最適の量産システムとして構築しています。
「製品をつくるための設備・装置・システムもつくる」――金沢村田製作所ではハード・ソフトの両面から生産技術開発にアプローチしており、その活動は以下のようになっています。

  1. 生産設備開発
    a) 機械設備開発
    c) FAシステム開発
  2. 工法開発
  3. IE
    a) マン・マシン・システム開発
    b) オペレーションズリサーチなど

これらはいずれも機械工学、電子・電気工学、生産工学、経営工学、数理統計学・・・などの先進の成果を取り入れながら展開されています。

小型生産設備の開発

製品のコストダウンのためには、時間 (秒) あたりの生産性を高めるとともに、面積あたりの生産性の向上も大きな課題です。また生産設備・装置のコストダウンもテーマとなってきます。こうしが課題に、金沢村田製作所は生産設備・装置の小型化でアプローチしていこうとしています。例えば、微細なチップ部品を実装するためのデスクトップ・マウンタなどの開発もそのひとつ。先進のロボット技術や画像認識技術を駆使し次世代の生産システムをつくるためにさまざまな可能性に挑戦しています。

コンカレント・エンジニアリング

金沢村田製作所の生産技術スタッフは、新製品の企画構想・開発段階からプロジェクトに参画し、プロセス開発・工法開発を行なっています。製品開発と工法開発・プロセス開発を同時並行的に立ち上げるコンカレント・エンジニアリングを日常化することで、それぞれの部門の技術のインテグレーションを促し、いち早く量産へと移行していける体制を構築しています。