会社概要

企業概要

創業 1981年
資本金
3億円
売上高
1兆2108億円 (2016年3月期)
※村田製作所グループ連結
代表者
代表取締役社長 橋本 省吾
従業員数
790名 (男529名、女261名)
※2016年9月末時点
所在地
石川県小松市光町93番地
電話番号
(0761) 21-9111
関連会社
(株) 村田製作所、 (株) 福井村田製作所、 (株) 金沢村田製作所、 (株) 富山村田製作所、 (株) 出雲村田製作所、 (株) 岡山村田製作所など
小松村田製作所

業務内容

小松村田製作所は、国内外70数社あるムラタグループのなかで、複合機能電子部品である「モジュール製品」の開発・生産拠点として位置づけられています。「モジュール化技術」を駆使し、様々なエレクトロニクス製品の主要回路部品を開発・生産し世界のセットメーカー各社に供給しています。

ミッション

モジュールの技術、ノウハウを開発・蓄積し、新しいモジュール製品を開発する。
同時に、その生産方法も産み出し、製品とともに、ものづくりのシステムも育て広めていく「マザーファクトリー」としての機能を果たしていきます。

ビジネススタイル

1.スピード&チェンジ
開発・設計、試作、評価、改良、量産、市場投入…
それらの徹底的なスピード化を目指します。
マーケットインを基本姿勢とし、変化に即応できるものづくりシステムを構築します。
 
2.コーディネーション&コラボレーション
モジュールはICをはじめとする多様な先端技術の集積から生まれます。
ソフト~ハードにわたる多彩な技術をコーディネート、ムラタグループ各社および他企業と技術をコラボレートさせながらより高次の機能・性能・品質を実現していきます。
 
3.マス・カスタマイゼーション
少品種大量生産の効率性と、顧客ニーズに対応した多品種少量生産。
これらを両立させるものづくりの新しいコンセプト「マス・カスタマイゼーション」の実現を目指します。
 
4.ソリューション提案
高周波化、デジタル化、モデルチェンジのスピードアップ…など、エレクトロニクス機器メーカーはさまざまな困難な課題に直面しています。
これら機器メーカーに対し、モジュール化技術=「技術の固まりをつくる技術」を武器に望ましいソリューション(解決策)提案を行なっていきます。
工場内の様子
モジュール化技術

周辺地図・アクセス

<交通アクセス>
JR小松駅より徒歩5分