ムラタのグループ力

技術

エレクトロニクスの未来を創造する

材料から製品までの一貫生産体制を構築しているムラタは、材料技術、前工程技術、商品設計技術、後工程技術、分析・評価技術などの基盤技術を独自に開発、蓄積しています。また、外部パートナーとも積極的に協業し、将来を見越した技術や製品の開発により、新たな市場やイノベーションの創出をめざしています。
技術の図拡大する
(クリックすると図が拡大されます)

マーケティング

お客さまの声を集積、ロードマップ化する

ムラタグループにはマーケティングについて堅固な協調関係があります。営業担当者やセールスエンジニアはお客さまの声を社内に伝え、その情報は営業支援システムのネットワークに蓄積されます。この情報は内外のさまざまなデータと組み合わせられて「マーケットインフォメーション」にまとめられます。マーケットインフォメーションは市場ニーズに応える土台になるものです。ここにムラタの技術情報を加えて、市場や商品の需要を明らかにしたものが「マーケットロードマップ」です。そして、そのために必要な新規開発、生産体制の構築は「プロダクトロードマップ」に、必要な技術の構築は「テクノロジーロードマップ」に描かれ、効率良く研究開発が進められます。
マーケティングの図拡大する
(クリックすると図が拡大されます)

ムラタグループにおけるムラタエレクトロニクス

ムラタエレクトロニクスは村田製作所の連結対象グループ会社で電子部品の販売会社です。村田製作所の販売活動がグローバル企業を主な対象としているのに対し、ムラタエレクトロニクスは、高い技術で競争力のある製品を生産している国内企業に目を向けて、きめ細かな販売活動を行なっているところが特徴です。中期的に期待される市場の新規開拓と需要発掘にも力を入れ、成長性の高いベンチャーやニッチと言われる市場にも販路を広げています。
ムラタエレクトロニクスはムラタグループの一員として、グループ内の関係拠点と緊密に連携し、顧客情報および技術情報を共有すると共に、お客さまに対してはコーディネーターとして、常にベストな「デバイスソリューション」を提供しています。
ムラタグループにおけるムラタエレクトロニクス図拡大する
(クリックすると図が拡大されます)