製品情報

セラミック原料
セラミック原料

セラミック原料

携帯電話、薄型TV、ビデオカメラなど、あらゆるエレクトロニクス機器に欠かせないのが電子セラミック部品です。岡山村田製作所では、その原材料となるチタン酸バリウムやチタン酸ジルコン酸鉛を始めとしたセラミック原料の製造を行っています。

これらセラミック原料は、独自のプロセスとその管理技術によって、超微粒化、高純度化を図り、セラミックスとして優れた焼結性、緻密性を有するセラミック原料粉末となります。そして、積層セラミックコンデンサや圧電セラミックスなどの電子セラミック部品として、エレクトロニクス機器の高機能化、小型化に大きく貢献しています。

岡山村田製作所の原料プロセスは、無機、有機化学や物理学、結晶学、流体力学などの先進の化学技術の成果を取り入れながら、日々進化させ、優れた特性のセラミック原料を国内外のムラタグループに供給しています。

原料プロセスで培ったノウハウは、電子セラミック部品を製品化する加工工場でも活用され、加工工場の製品づくりで得られた知識と経験は、原料プロセスへとフィードバックされます。
この原料から加工までの一貫体制による「総合力」が、私たち独自の財産といえるでしょう。

多層デバイス
多層デバイス

多層デバイス

高精度な電子回路配線パターンを描いた薄いセラミックシートを数十枚重ね、さらにそれぞれのシートを立体的な配線で繋ぐことで高密度な3次元回路を形成したセラミック多層基板の上にスイッチICやコンデンサ、フィルタなどの部品を搭載した電子デバイスのことを多層デバイスと呼んでいます。

岡山村田製作所では主にスイッチICとフィルタを搭載したスイッチプレクサ®と呼ばれる通信用多層デバイスを生産しています。

フィルタは、ひとつの入出力スイッチを切り替えることで受信と送信を行い、通信に必要な電波だけを通し、雑音となる不要な電波は通さない機能を持っています。近年は多機能化され複数のシステムに対応した多層デバイスが作られています。

スイッチプレクサ®は、主に携帯電話を中心とした通信機器に使われ、アンテナの直下に組み込むことで通話に必要な電波の送受信を行なっています。とても小さく、通信機器の小型・薄型化に大きく貢献しています。

ESD保護デバイス

電子回路へESD (静電気放電) がかかった際に半導体部品などが破壊されないように電荷をグランド (GND) に逃がし、回路を保護する機能を持っています。

当社で生産しているセラミックESD保護デバイスは、村田製作所独自の電極形成技術・セラミック技術を用いて、セラミック内部に非常に近接した電極を設けています。保護したい信号ラインとGNDの間にESD保護デバイスを配置することによって、ESD保護機能を働かせることが出来ます。通常動作時はオープンな状態ですが、ESDのような高電圧が印加されると、アーク放電を発生させて、対向するGND端子に電圧を逃がします。

特徴は超低端子間容量 (0.05pf) を実現していることで、高速伝送時に障害となる寄生容量を小さくすることが可能です。さらに耐久性が非常に高く1,000回の放電にも耐えることができることができ、半永久的に回路保護機能を維持することができます。

ESD保護デバイスは、携帯電話やノートパソコンなどに使われています。これらの製品の中には静電気にとても弱い半導体部品が使われており、それを保護するために多くのESD保護デバイスが組み込まれています。

ESD保護デバイス
  ESD保護デバイス
 セラミックESD保護デバイスの内部構造    ESD保護デバイス
インダクタ
インダクタ

インダクタ

インダクタとは、電気と磁気を互いに作用させることでさまざまな働きをする電子部品で、コイルとも呼ばれます。岡山村田製作所では、高周波インダクタとパワーインダクタを生産しています。

高周波インダクタは、電気信号を伝える回路で、主に信号のマッチングや信号の取り出しに使われます。加工時には特殊加工技術を用いることで、小型化が可能で高Q特性をもつことと同時に、L値の狭偏差やステップの細かいL値のラインアップをもつことが特徴です。

一方、パワーインダクタは、各電源回路で必要となる電圧へ変換する機能を有します。また、電源の持続時間を長くしたり、ノイズを抑制する役割を果たします。

インダクタは、多機能化や高機能化など、進化を続ける携帯電話を中心とした通信機器に欠かせない部品です。微細加工技術が、電子機器の新しい可能性を拡げていくのです。