高周波同軸コネクタ

製品概要

コネクタとは、電気信号や電力を伝える電線をつなぐものですが、その形状や用途によってさまざまな種類があります。一番身近なものとしては、家庭用電源のコンセントとプラグ、オーディオやビデオの接続ケーブル、コンピュータとプリンターを接続する多ピンのコネクタなどがあげられます。当社では、携帯電話やタブレットパソコンなど通信機能を有するさまざまな機器に使用される高周波同軸コネクタを生産しています。
当社で生産しているコネクタは、主に数MHz以上の高周波の電気信号をつなぐために用いられ、電気信号を伝える同軸コネクタと、セットメーカーで電気特性を検査するときに使用するスイッチ付き同軸コネクタがあります。
当社ではムラタの独自開発による生産設備により、小型で高性能な高周波同軸コネクタを生産しています。

用途

スイッチ付き高周波同軸コネクタ

通信機器の電気特性を検査する時に使用します。コネクタの内部に精密なメカニカルスイッチを内蔵しており、測定用プローブを用いることでスイッチを切り替え、アンテナ特性や高周波回路の出力信号を測定することができます。

高周波同軸コネクタ ( レセプタクル )

端末/機器内には複数の小型基板やユニット部品、アンテナが組み込まれています。それぞれの基板、部品をケーブルなどで電気的に接続する際に、ケーブルと基板、部品を接合するためのデバイスとして、高周波同軸コネクタ ( レセプタクル ) を使用します。

主な採用事例: 携帯電話、スマートフォン、タブレットパソコン等

高周波同軸コネクタ
高周波同軸コネクタ