製品紹介

チップインダクタ

チップインダクタの写真 チップインダクタの写真

今や日常にかかせない携帯電話、デジタルカメラ等の電子機器類は、多機能化と共に薄型化が進んでいます。この先端技術を支えているのが当社で生産している「チップインダクタ」です。
特に高周波回路で使われるLQWシリーズ (*1) は、携帯電話等の電子部品間におけるインピーダンスマッチングに欠かせないものであり、その性能は海外でも高い評価を受け、世界市場でトップクラスのシェアを誇っています。
*1) LQW04A/LQW15A/LQW18A

  • インピーダンスマッチング用
  • 共振用
  • チョーク用
  • 電圧変換用 (DC/DCコンバータ用)

詳細はこちら

ノイズ対策部品

ノイズ対策用フィルタの写真 ノイズ対策用フィルタの写真

携帯電話の代表される移動通信やパソコンの急速な普及により、電子機器から発生するノイズが他の電子機器の誤作動を引き起こして深刻な問題になっています。当社では、ノイズを除去したり、侵入を防ぐためのフィルタを生産しています。

  • コモンモードチョークコイル
  • チップエミフィル

詳細はこちら

Q: 登米村田製作所は何をつくっているの?

A: 当社では、携帯電子機器には欠かせないインダクタをつくっています。


Q: インダクタって何?

A: インダクタとは、導線 (銅線等の線材) をらせん状に巻いたものを指し、「コイル」とも呼ばれています。
「抵抗」「コンデンサ」と並ぶ受動部品の一つです。

インダクタの説明


Q: どんなインダクタをつくっているの?

A: 当社では、携帯電子機器には欠かせないインダクタをつくっています。


インダクタの性質

まっすぐなワイヤーに電流を流すと、ワイヤーを中心とした同心円状に磁界が発生します。
このワイヤーをらせん状に巻いたもの (コイル) に電流を流すと、コイルを貫くような磁界が発生します。
インダクタは、変化のない電流には何の作用も及ぼしませんが、電流が変化すると磁界が電流変化を元に戻そうとする、つまり、直流のみを通し交流は通しづらい性質があります。
一方コンデンサは、交流のみを通し直流は通しづらく、インダクタと逆の特性があります。
当社製品は、この性質を利用した様々な用途で使用されています。

インダクタの性質のイメージ