職種紹介

新たな商品の開発と生産設備の設計を行う

開発・設計

市場のニーズ (より小さく、より高性能に、より安く、より短納期) に応える新商品開発と、ムラタの独自技術を商品に応用するシーズ開発の大きく分けて2つです。コンピュータを駆使したシミュレーションから実際に製品をつくる試作と評価を行っています。

世の中より
「先行してる感じ」がいい

圧電振動ジャイロの商品開発・設計

自分の考えが形になり、
みんなが使う

セラロックの商品開発・設計

いま言えるのは「新規事業」と
いうことだけ。

新規センサ商品の開発・設計

工法開発

新商品をつくるための技術開発や、材料の応用開発、それらノウハウのデータベース化など、設計部門の思いを実際につくり込むために、「後方支援」しているのが「工法開発」だったりします。

モノづくりの大黒柱

工法・ライン開発
新商品対応工法開発

生産技術

世界No.1シェアをとるために生産システムから内製化している、その生産設備の開発を担当。そう、知る人ぞ知る、富山村田のブラックボックス化は機器設計と機械制御を通じて実現しています。

自分のつくった設備と
ずっと一緒

合理化機器・新商品対応設備開発

IE (経営工学)

設備の仕様、人・モノの配置、作業方法、情報の流れなど、製品を作る上で必要となる様々な物事の最適化を図っています。日々製造現場の関係者と一緒に改善を行っています。

現場の問題点を嗅ぎつける

工程分析・生産システム設計

現場でのデータをもとに
工法および生産設備の改善を行う

製造技術

製造現場の品質・コスト・納期を技術的な立場から改善していく仕事です。会社に入って得られた「知識」、作っている「製品」、製品の健康状態とも言える「特性データ」を元に技術的な判断をしなければなりません。

「知識」「製品」「特性データ」
から技術的判断を!

水晶発振子の製造技術

品質保証の観点から工場全体を管理する

品質技術

電子部品は化学材料の "かたまり" です。化学材料をコントロールするために、物理だけでなく化学的な視点も交えた独自の要素技術を提供することで、設計・開発・製造部門と一緒に安定した品質の製品を作っています。

お客様が「安心して」
使える商品を目指して

デバイス商品の品質・信頼性向上

生産計画を遂行できるようにラインを稼働させる

製造管理監督

お客様に満足していただける製品を人、設備、材料、工法を駆使して製造する、まさに現場です。日々、生産遂行、品質、納期、労務など色々な事柄に対して判断を求められる仕事です。

経営者的視点で
バランス感覚を磨く

製造管理監督
(労務管理・品質改善・コストダウン)

生産計画を立案・提示する

生産管理

営業部門から注文を受け、生産計画を立案する。製造部門に生産開始の指示を行い、得意先から求められた納期に出荷する。需要と供給のバランスを取るためのトータルマネジメントが仕事です。

工場の司令塔。
お客様との信頼関係の構築を目指す。

生産計画立案・納期管理・出荷管理および遂行管理

全体支援

経営資源管理

会社が利用できる経営資源 (人材・資金・部資材・環境・システム等) を有効活用し、経営目的を実現する部門です。経営資源を活用して設計・開発・生産部門が円滑に活動できるよう環境をつくる仕事です。

数字を通して業績に貢献し、
信頼されるパートナーに!

予算統制・固定資産管理