問題解決事例

フィルムコンデンサから積層セラミックコンデンサへの置き換えのご提案

積層セラミックコンデンサの大容量化が進み、これまでは検討いただけなかった領域において積層セラミックコンデンサを選択いただくケースが増えています。

市場トレンドとして、電力変換機器を中心にスイッチング素子の高周波化や高温駆動化などによる高効率化の実用化が進められており、積層セラミックコンデンサの特徴である、高周波でのインピーダンス特性の良さと高温対応が可能な点、さらに面実装品で揃えることによる小型化やコストダウンがはかれることがセラミックコンデンサを選択いただくキーとなっています。

当資料では、フィルムコンデンサと積層セラミックコンデンサには、どのような違いがあり、どのように小型化やコストダウンを実現できるのかを具体例と共にご紹介します。
設計の自由度を広げるヒントがつまっていますので、是非ご覧ください。

 

SubTitleIcon6    積層セラミックコンデンサをお勧めするポイント

①小型化が図れる
②高温環境、高湿度環境対応
③面実装対応

 

 

SubTitleIcon6    フィルムコンデンサと積層セラミックコンデンサの比較


小型化

積層セラミックコンデンサとフィルムコンデンサを同一電圧、同一容量のアイテムを比較した表です。
積層セラミックコンデンサは非常に小型であることが分かります。
小型化

高温環境、湿度に対する耐性

積層セラミックコンデンサは、標準的に保証温度として125℃を設定しております。
また湿度についても、信頼性試験として湿度95%や湿度85%といった、高湿度環境での試験を実施しています。
一般的な高温環境化の保証内容


一般的な積層セラミックコンデンサの湿度環境化における信頼性項目


SubTitleIcon6    積層セラミックコンデンサを使用した場合のメリット


積層セラミックコンデンサを選ぶことで、部品の小型化、部品実装位置の自由度が高いことによる基板の小型化、優れた耐湿性による防湿対策削減というメリットがあります。

積層セラミックコンデンサを使用した場合のメリット


SubTitleIcon6    使用回路例


用途例:エアコン、汎用インバータ、パワーコンディショナ

使用回路例


スナバコンデンサ(C1)には、高周波のノイズ成分除去が求められます。

タイプ シリーズ詳細
SMD KRMシリーズ 一般用 金属端子付き チップ積層セラミックコンデンサ
KR3シリーズ 一般用 金属端子付き 高実効容量・高リップル耐性品 チップ積層セラミックコンデンサ
リード RDEシリーズ 一般用 リードタイプ積層セラミックコンデンサ


積層セラミックコンデンサへ置き換え例 (汎用インバータ)

セラミックコンデンサラインアップ一覧



積層セラミックコンデンサを検討してみませんか?

技術データを見てみたい。   置き換えを相談してみたい。
 filmreplace_img016   filmreplace_img016
SimSurfing   お問い合わせはこちら
 

最新の製品やその他技術資料をみてみたい

セラミックコンデンサTOPページ