アプリケーション別サポート

LED照明向けフィルムコンデンサからの置き換え(技術資料)

LED照明機器は、照射エリアの広角化と放熱性向上を実現するために、回路基板の省スペース化に伴う小型部品の採用検討が進んでいます。また同時に、コストダウン、機器の寿命設計も求められます。

実際にLED照明機器の中身を確認すると、大きな部品がコンパクトにレイアウトされています。既存設計のままでは、光の広角化と放熱対策のためのスペースを確保することは困難です。
そこで解決策の一つとして、フィルムコンデンサからセラミックコンデンサへの置き換えをご提案致します。

Murata Icon X セラミックコンデンサへの置き換えをした場合のメリット3つ

①部品サイズが小さいため、省スペースが図れる
②高温時の耐電圧劣化がほとんどない
③耐湿性能が優れている

熱にも湿度にも強い!

Murata Icon X こんな方におすすめ

・コストダウンを実現したい
・基板を小型化したい
・コンデンサを小型化したい
・高温、多湿環境下での信頼性を向上させたい

置き換え対象となるコンデンサ:C4、C5

詳しい情報はPDFファイルをダウンロードいただきご参照ください。

LED照明向けフィルムコンデンサ置き換え提案(Smoothing capacitor)
LED照明向けフィルムコンデンサ置き換え提案
小型化とコストダウン
 - コンデンサの小型化
 - 回路基板の縮小化に伴うトータルコストダウン高性能化
 - 低インピーダンス(ノイズ低減)
 - 高温時の安定動作
 - 耐湿性の向上



アプリケーションガイド ( 照明器具 / 照明制御 )はこちら >