LCカプラ

カプラ
カプラは入力されたRF信号から特定の周波数を結合するために使用されるRF受動素子です。カプラは送信機のパワーレベルをコントロールする用途に使われます。
ムラタは積層セラミック技術を用いて、高性能な電子部品を実現しています。

Murata Icon X 製品ラインアップ

セルラー向け

Bluetooth®/Wi-Fi®/ZigBee®向け