オゾナイザ

Active Oxygen Module (Ozonizer)
発生子にLTCC*基板を使用した独自構造により適量のオゾンを効率良く発生させることができるオゾナイザモジュールです。発生子部分は、沿面放電式では業界最小サイズ (当社調べ) を実現しています。

*LTCC(Low Temperature Co-fired Ceramics) : 低温同時焼成セラミックス。

通常の電子セラミックスは1,500℃以上の高温で焼成されるが、LTCCは焼成温度が1,000℃以下と低く、内層配線に導体抵抗の低い銀や銅を使うことが可能

Murata Icon X 製品ラインアップ

MHM500シリーズ

Murata Icon X テクニカルガイド

効果試験データ

オゾナイザモジュール イオニシモ®