LPWAについて

LPWAはLow-Power Wide Area(省電力広域)無線技術のことです。LPWA無線技術は、低い消費電力と長い通信距離が要求されることが多いIoT(Internet of Things)の実現を可能にします。LPWAは、WiFiやBluetooth(BLE)、スマートフォンや携帯電話で用いられるモバイルネットワーク(LTE等)などの既存の無線通信技術と比べるとデータ転送速度が遅いものの、コネクテッドデバイスの省電力化・低価格化を実現できるため、IoTやM2Mで普及すると予想されます。

テーブルの行とセルをCSSだけでハイライト
IoTビジネスを加速させるムラタのLPWAソリューション
LPWA(Low-Power Wide Area)無線技術は、低い消費電力と長い通信距離が要求されることが多いIoT(Internet of Things)の実現を可能にします。
この動画では、LPWAの特徴と活用事例、ムラタのLPWAモジュールの強みをご紹介します。

Murata Icon X LPWAとは

LPWAは、従来よりも大幅な低コストかつ、高電力効率で動作します。また、双方向性にも優れており、より広い通信範囲でより多くのデバイスをサポートします。一部のLPWA技術では、長距離通信の実現のためにサブGHz帯が採用されています。
市場の予測では、LoRaやSigfox、LTE-NB1などのLPWAネットワークを介して接続されるIoTデバイスの総数は2021年までに7億個に達し、同サービスの市場規模は750万米ドルに達すると見込まれています。
LPWA (Low Power Wide Area)の位置づけ


topへ  

Murata Icon X 主な特徴

長距離通信   低消費電力   低速データ転送
エンドノードはゲートウェイから最大10km離れた場所まで接続可能   バッテリの寿命が10年以上に延長   5,000ビット/秒以下。軽量なメッセージを1日に数回送信可能


topへ  

Murata Icon X アプリケーション

社会インフラ、スマートハウス、農業、環境、ヘルスケア、医療、産業、物流、公共インフラ(水道メータやガスメータ)、エネルギー、スマートビル、スマートシティ、スマートパーキング、位置検知、コンシューマー製品など。


topへ  

Murata Icon X LPWA技術の比較表

LoRa
Sigfox
LTE Cat M1
NB-IoT
周波数帯 免許不要の帯域 免許を必要とする帯域
通信距離 10km以上
データ転送速度 <10 Kb/s 100 b/s 1 Mb/s <150 Kb/s
送信電力 +20 dBm +13 dBm +23 dBm +23dBm
バッテリ寿命 10年以上
消費電力 LOW HIGH MEDIUM
コスト(展開時のコスト) LOW LOW HIGH MID
サービス開始時期 Now Now End 2017 2018

現在、ムラタはLoRaモジュールを量産しています。

テーブルの行とセルをCSSだけでハイライト
STMicro Discovery Kitを
購入する
  ムラタのLoRa Moduleを
もっと知る
  ムラタのLoRa Moduleを
購入する
(購入・サンプル入手)
  質問する
・LoRaモジュール(STMicro Discovery Kit)を評価されるお客様専用サイト
・STMicro Discovery Kit同梱の“Registration Code”の入力が必要
*my Murataを初めて利用される方


topへ  

関連情報