• 技術系
  • 商品開発(2)

自分の思いを込めた製品で
世の中に貢献する

2012年入社 デバイス開発センター

積み重ねた知識や経験で、未来を支える製品へ

技術・事業開発本部ではムラタの次世代を担う技術・商品の研究開発を行っています。材料やデバイス、プロセスなど分野は多岐に渡ります。私の所属するチームでは、エネルギー市場向けのシステム電源の開発をしており、その中で私は回路設計、部品選定、製品評価をメインに担当しています。 私たちの開発製品は複雑・高機能なために、製品の評価には膨大な時間と地道な作業が必要となります。入社当初は何も分からず、試作機を壊しては途方に暮れていました。しかし、評価業務の中で発生した不具合や故障原因を突き止め、問題を解決していく中で得た知識・経験を回路設計や部品に反映し、より安全でコストパフォーマンスの高い製品へと近づけています。
エネルギーは私たちの生活に直接関わる分野ですし、これからさらに発展が期待される市場でもあります。設計、試作、評価、考察を繰り返し、他の部門や工場と一体となって、私たちの未来を支えられるような商品の事業化を目指しています。

積み重ねた知識や経験で、未来を支える製品へ

製品と共に自分の成長を実感できる醍醐味

システム電源は多種多様の部品を組み合わせて設計されています。小さな部品ひとつとっても、何気なく搭載されているものは1つもなく、そこには何かしらの思いが込められています。
私のような回路設計者だけでなく、機構設計者やソフトウェア開発者、製品評価者など、様々な人の思いが込められています。そのため意見がぶつかることもたくさんありますが、そうした意見をすり合わせながら作りあげた試作機が、思い通りの動作をしたときには大きなやりがいと充実感を感じます。
もちろん、うまく動かずに苦労したり、壊れた原因が分からず何日も悩んだりすることもあります。しかし、そうした経験もノウハウとして積み上げ、試作を重ねるごとに製品と共に自分の成長を実感できるのも、開発の醍醐味の一つだと思います。
そんな私たちの沢山の思いが込められた製品が近い将来世に出て、皆さんの生活に役立てられることを思い描きながら、日々の業務に取り組んでいます。

製品と共に自分の成長を実感できる醍醐味

失敗に負けず、何事もまずはやってみる!

今はハードウェアに関する業務が中心ですが、将来的にはソフトウェア設計もできるエンジニアになりたいと考えています。まだまだハードウェア設計者としても半人前ですが、失敗に負けずに常に向上心を持って業務に当たり、先輩の知識やノウハウを吸収していきたいです。何事もまずはやってみる!をモットーに、チャレンジし続ける人でありたいです。

Message

ー学生の皆さんへー

小さい頃からモノづくりに興味があり、就職活動もメーカーに絞っていました。ムラタは開発~製造までを一貫して社内で行っているため、材料、機械、電気、ソフトなど様々な分野の専門家がいます。そのフィールドの広さと可能性に大きな魅力を感じたのがムラタに決めた大きな理由です。また、担当していただいたリクルーターさんの人柄が良く、こんな人と一緒に仕事ができたら楽しいだろうなと思い、入社を決めました。実際入社してみて、同期も先輩も良い人ばかりで、非常に良い環境だと感じています。

ある日のスケジュール

8:15
出社
8:30
係ミーティング
8:45
メールチェック
9:00
実験段取り確認と準備
9:30
実験
11:50
昼食
12:35
昼礼
12:45
メールチェック
13:00
ベンダーとの打ち合わせ
14:00
実験
18:00
実験結果まとめ
19:00
メールチェック、翌日のTo Doリスト作成
19:30
退社

プライベートについて

プライベートについて

休日は出かけることがほとんどで、家にこもっていることはあまりありません。同期や部署の後輩とよく遊びに行きます。スポーツ、飲み会、買い物、楽しいことは何でも好きです。社会人になってからテニス、スノーボード、ゴルフを始めました! スポーツを通して得たネットワークが、いつか仕事で活かせたらいいと思います。

私の学生時代

学生時代はボート部に所属し、朝から晩まで部活漬けの毎日でした。前半は選手として艇を漕ぎ、後半はマネージャーへ転向し、両方の経験を経て気付いたことは、立場が違えば見えるものも違うということです。部員同士でぶつかり合うこともたくさんありましたが、本当の家族のようなたくさんの大切な仲間ができ、普通では味わえない非常に充実した4年間でした。

totop