• 技術系
  • 生産技術(製造系)

自ら手がけた生産設備で、
世の中に新しい価値を
生み出す

2008年入社 化学材料製造部

生産を支える設備との格闘

私の所属する部署では、積層セラミックコンデンサの材料である化学材料 (主に電極ペースト) の製造を行っています。その中で私は、生産技術担当者として化学材料生産設備の設計・導入、合理化業務を担当しています。化学材料生産設備といってもイメージするのが難しいと思いますが、一般的には化学プラントと呼ばれる非常に大きな設備であり、「大量かつ安く作るためにはどのような生産プロセスにしたらよいか」、「安定した品質のものを作るために、そして作業者が安全に生産できるようにするためにはどのような設備にしたらよいか」を常に考え、それらを実現させる仕事です。日々、新しい製品やプロセスを導入しようと、自分の所属する部門だけでなく開発部門や関係会社の方々とも協力し連携しながら仕事をしています。

生産を支える設備との格闘

生産の要の担い手として

自分の設計した設備が思った通り稼働し、世の中に製品が送り出された時、この上ない喜びとやりがいを感じることができます。特に設計時に苦労した点や、新たにチャレンジしたことが成功したときの喜びはひとしおです。この様な新規設備の導入や既存設備の改良を行う業務は、生産ラインを止めて行います。その為、生産設備の導入進捗が遅れるということはすなわち製品の納期が遅れてしまうという事であり、許されません。このような進捗の遅れや1つの設計ミスが関係会社のみならず、そこから製品を供給している世界中のお客様に迷惑をかけ、大きな損害となる可能性もあります。時にはそんなプレッシャーに押しつぶされそうになることもありますが、よりよい世の中の実現に貢献するため、日々頑張っています。周囲の方のサポートも多く、若手でも自由にやらせてくれる風土があるので、常に新しい考えを持ちチャレンジして頑張っています。

生産の要の担い手として

海外メンバーとの情熱の分かち合い

新興国に海外出張する機会もあり、現地の人は仕事でもプライベートでもみんな熱い情熱を持っていることを最近感じています。そういった環境に身を置くことで、自分も大きな刺激を受け、「この人達と協力すればもっとよいものが作れるのではないか」とパワーが漲ります。また、日本では当たり前のことが海外では当たり前ではないことも多く、様々な発見が得られます。将来は、このようなパワーが漲るような成長著しい途上国でムラタの成長、そして自身も成長していきたいと思っています。

Message

ー学生の皆さんへー

色々なことに興味を持っているため、就職活動時は企業選びに非常に悩みましたが、自己分析を通してこれまでの自分の行動や出来事を振り返ることで、自分の信念が分かりました。最終的に自分の信念がムラタの社是とマッチするだろうと思いムラタを選びました。入社から約5年が経ちますが、世の中の人々の役に立っていると日々実感しながら仕事ができますので、入社前に思っていた「堅いイメージの会社!!」ではなく、楽しい会社だと思っています。是非、私たちと一緒に世の中の人々の役に立つ仕事をしませんか!?

ある日のスケジュール

7:30
設備設計業務
~機器の選定等のため、技術的な計算や製図を行う~
11:30
打ち合わせ
~午前中に設計した案を関係部門と議論し、更に改善できる点がないか議論を行う~
12:40
昼休み
13:25
設計再検討
~午前中の打ち合わせで議論した改善点について検討する~
16:00
取引先メーカーと電話相談
~設計再検討時に出た課題について、改善案がないか取引先とも相談し検討する~
16:30
図面作成
~取引先にもらったアドバイスをもとに、図面を作成する~
18:30
退社

プライベートについて

プライベートについて

休日の早朝は、ロードバイクでのサイクリングや早朝野球とアクティブに活動しています。また、有給休暇を利用して海外旅行に行きリフレッシュもしています。もちろん、ゆっくり専門的な参考書を読んだり、語学の勉強をしたりする日もあり、平日も休日も頭も体もめいっぱい使って充実した毎日を楽しんでいます。

私の学生時代

学生時代は、研究にも遊びにも全力で取り組んでいました。研究では、人間の持つ学習機能をシステムLSIに組み込むというテーマを行っていました (現在の仕事内容とは全く異なりますが・・・) 。また、英語の勉強を兼ねて毎年海外旅行へ行き、卒業旅行では約1ヶ月かけてアメリカソルトレイク~メキシコまで約3000キロを縦断するという無謀なドライブ旅行をしました。

totop