マジックストラップ®

ムラタソフトウェア株式会社CAEソフトFemtet®にて使用可能なマジックストラップ®の3Dシミュレーションモデルです。

※本CAEデータは、Femtet®2015.0以降のバージョンでご利用になれます。
※本CAEデータは、電磁場解析 (Hertz) でのみご利用になれます。
その他の解析にはご利用できません。

Murata Icon X 当社CAEデータのご使用に関するご注意

  • 本モデルは各製品の構造を模擬したものであり、本モデルを用いて計算された結果の値を保証するものではありません。
  • 当メニューに掲載の3Dシミュレーションモデルは、代表的な寸法を基準に作成しているため、実際の製品の寸法と相違がある場合があります。ご注文に際しては、納入仕様書をご要求いただきご確認下さい。
  • 記載内容について、改良のため予告なく変更することや供給を停止することがございますので、ご注文に際してはご確認ください。
  • 記載内容にご不明の点がございましたら、当社までお問い合わせください。

マジックストラップ® 更新   2016/01/08

ダウンロード
搭載IC モデルデータ/PCBモデル
Impinj Monza®R6
NXP UCODE 7xm
※マジックストラップ®のラインナップはこちら

Murata Icon X 本モデルの使用方法

※本CAEデータは、Femtet®2015.0以降のバージョンでご利用になれます。
※本CAEデータは、電磁場解析(Hertz)でのみご利用になれます。

  • Femtet®でのCAEデータの使用方法については、
    「Femtetヘルプ」⇒「モデリング」⇒「ブラックボックスデータベース」の項目をご覧ください。
    また、CAEデータを使用した例題を
    「Femtetヘルプ」⇒「例題集」⇒「電磁場解析(Hertz)」⇒
    「例題32 ムラタ製品のCAEデータを使用した解析(マジックストラップ®)」の項目に記載しております。あわせてご覧ください。
  • 入力ポート(Port1)は、マジックストラップ®モデル内部に設けています。外部からは確認できません。
  • マジックストラップ®モデルの電極は、モデル外形に描かれた方形のエリアになります。シミュレーションする際には、このエリアとPCB側の配線とを下図のように接触させる必要があります。
    → PCBモデル はzipファイルに同梱されており(拡張子x_tのファイル)、本モデルにはあらかじめ実装位置が描いてあります。

電極端子