Murata Integrated Passive Solutions S.A.

概要

Murata Integrated Passive Solutionsでは、最先端の集積型受動デバイスを、半導体の工程を用いて生産しています。同社のシリコンコンデンサやカスタムコンポーネントアレイは、高い性能と小型化を必要とする場合のネットワークインフラ(高周波電力および広帯域)、高信頼性、医療、自動車、通信に照準を合わせて作られています。


Murata Integrated Passive Solutionsの所在地はフランスのカーンで、従業員数は140名です。敷地内にはウェハーファブがあり(シリコンウェハー施設:21,000平方メートル、クリーンルームエリア:5,000平方メートル)、製造施設は、ISO 9001 / 14001 / 18001認証とともに、自動車市場向けの ISO TS 16949や、医療機器向けの ISO 13485の認証も受けています。


自社の研究・開発センターを持ち、また、ヨーロッパの研究所と提携することで、Murata Integrated Passive Solutionsは革新的な企業としてお客様のご要望にお応えしてまいります。