「ムラタの森」2012年度 第2回目活動 5月26日「森林保全活動」について

NewsArticleTitle

2012/05/24

株式会社村田製作所

代表取締役社長 村田 恒夫

「ムラタの森」活動の様子

「ムラタの森」活動の様子

要旨

株式会社村田製作所は、2007年度より環境保全活動の一環として行っている「ムラタの森」の2012年度第2回目の活動を5月26日 (土) に実施します。

当日の活動内容

当月度 (第2回目) の活動内容詳細は、下記の通りです。

日時: 2012年5月26日 (土) 10: 00〜15: 00
※雨天の場合は6月16日 (土) に延期
場所: ムラタの森 (亀岡市宮前町神前区)
参加者: 従業員およびその家族
活動内容: 間伐作業や下草刈りなどの森林保全活動に加えて、今月度の活動では、当社健康相談室との共同企画、題して「ムラタの森で考える・・カラダのお手入れと命のこと」を実施します。
自然あふれるムラタの森の中で、いま一度身体のことを考えてみる機会となるよう、さまざまなプログラムを用意しています。
なお、当プログラムを進行するにあたりましては、健康相談室が従業員向けに定期的に開催している運動教室の外部講師の方をお招きする予定です。

背景

当社では2007年度より、社団法人京都モデルフォレスト協会が掲げている「地球温暖化防止に貢献できる森林づくり」という活動目的に賛同し、「ムラタの森」活動と題して森林保全活動に参画しています。

当社のこの活動は、1992年の世界地球サミットでカナダが提唱した「モデルフォレスト運動」の日本における実践第1号に当たります。京都モデルフォレスト協会の調整のもと、京都府亀岡市神前区の森林を対象に、月に1度のペースで行政や地元住民の方々のご支援をいただきながら、当社従業員およびその家族のボランティアによって環境保全活動を進めています。

また、この森林保全活動を通じて、地元住民の方々と従業員・家族とのふれあいや、心身ともにリフレッシュできる場を提供することも目的としています。

当日のプログラム

午前の部

  • チームビルディング
    チーム分けした参加者のコミュニケーションを図ります。
  • 丸太ステップづくり
    バランス能力、筋力の向上運動で使える「丸太ステップ」を作ります。
    この作業の中で、間伐体験や、下草刈りも実施します。
  • かんたん応急手当法
    転んで捻挫をした、切り傷で血が出たなど、いざという時に役立つ、止血法などの応急手当法を学びます。

午後の部

  • バランスエクササイズ
    「丸太ステップ」を用いたゲームとバランス能力、筋力の向上運動を体験します。
  • ネイチャーゲーム"カモフラージュ"
    生き物が生存するための知恵を知り、私たち人間が日常を安全に過ごせる工夫を考えます。

2012年度活動計画

日程 イベント内容
4月21日 (土)
→実施済
  • 森林保全活動
  • 野菜ケーキ作り
5月26日 (土)
※雨天延期⇒6月16日 (土)
  • 健康づくりver.1
    (森林保全活動含む)
6月16日 (土)
  • 森林保全活動
  • サツマイモの苗植え
9月15日 (土)
  • 森林保全活動
10月13日 (土)
※雨天延期⇒10月27日 (土)
  • 森林保全活動
  • サツマイモの収穫
11月17日 (土)
  • 健康づくりver.2
    (森林保全活動含む)
12月15日 (土)
  • 森林保全活動
  • 薪作り
3月23日 (土)
  • 森林保全活動
  • 薪作り

※夏季 (7月〜8月) および冬季 (1月〜2月) の森林保全活動は行いません

補足

社団法人 京都モデルフォレスト協会

2005年に京都府が制定した「豊かな緑を守る条例」の一環として、2006年11月21日に、日本で初めて発足したモデルフォレスト運動の推進団体。

モデルフォレスト

1992年の世界地球サミットの際にカナダが提唱した持続可能な地域環境づくりの実践活動。カナダでは、森林整備、木材の活用、森林生態系調査、野生獣の行動調査、渓流の水量・水質調査、生息魚類の調査など幅広い取り組みが、モデルフォレストの活動の一環として、住民、ボランティア、NPO、NGO、企業、行政の協働で実施されています。このモデルフォレストの取り組みは、現在、世界18カ国39地区にまで広がってきています。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp