全国育樹活動コンクール 林野庁 長官賞を受賞

2016/10/11

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

株式会社村田製作所は、全国育樹活動コンクールにて「林野庁 長官賞」を受賞いたしました。

背景

2016年10月8~9日に京都府で開催された「第40回全国育樹祭」において、全国育樹活動コンクール授賞式が行われ、当社の「ムラタの森」活動が「林野庁 長官賞」を受賞いたしました。
これは、当社の「ムラタの森」活動の継続的な活動が高く評価されたことによるものです。今後も、「ムラタの森」活動のさらなる発展に向けて積極的に取り組んでまいります。

全国育樹活動コンクールについて

公益社団法人国土緑化推進機構主催で毎年開催されているコンクールです。育樹に関する新技術の開発、並びに普遍的技術を地域に導入実施して効果をあげた、あるいは、地域の育樹活動の普及、向上に著しい実績をあげた(学校を除く)個人、または団体に、農林水産大臣賞、林野庁長官賞、(社)国土緑化推進機構理事長賞が、全国育樹祭において授与されます。

「ムラタの森」活動について

当社では2007年度より、社団法人京都モデルフォレスト協会が掲げている「地球温暖化防止に貢献できる森林づくり」という活動目的に賛同し、「ムラタの森」活動と題して森林保全活動に参画しています。
当社のこの活動は、1992年の世界地球サミットでカナダが提唱した「モデルフォレスト運動」の日本における実践第1号に当たります。京都モデルフォレスト協会の調整のもと、京都府亀岡市神前区の森林を対象に、月に1度のペースで行政や地元住民の方々のご支援をいただきながら、当社従業員およびその家族のボランティアによって森林保全活動を進めています。
また、この活動を通じて、地元住民の方々と従業員・家族とのふれあいや、心身ともにリフレッシュできる場を提供することも目的としています。
ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp