製品含有化学物質管理ガイドラインに基づき自己適合宣言を完了

NewsArticleTitle

2010/11/05

株式会社村田製作所

代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

村田製作所グループ (以下、ムラタ) の国内全生産拠点 (19拠点) は、JAMP/JGPSSI※1が作成・発行した「製品含有化学物質管理ガイドライン (第2版) ※2」 (以下、ガイドライン) に基づく自己適合宣言を完了しました。

今後、海外生産拠点にも自己適合宣言の展開を図り、2011年3月までに国内外の全生産拠点が自己適合宣言を完了することを目指します。

背景・概要

ムラタは、JAMPとJGPSSIが共同で編纂した、適正な製品含有化学物質の管理体制を示すガイドラインに則し、2008年より自社の化学物質管理体制に関する評価と整備を行ない、この度、国内全生産拠点 (19拠点) と海外生産拠点 (2拠点) が、当ガイドラインへの適合を示す形として、自己による適合宣言 (自己適合宣言) を完了いたしました。

今後は、2011年3月までの完了をめどに、残る海外の生産拠点 (5拠点) にも自己適合宣言の展開を図り、国内外の全生産拠点が自己適合宣言を完了することを目指します。加えて、自己適合宣言した生産拠点については定期的に適合の更新を実施し、製品含有化学物質管理レベルの維持・向上に努めます。

用語説明

※1 JAMP: アーティクルマネジメント推進協議会
     JGPSSI: グリーン調達調査共通化協議会
※2 製品含有化学物質管理ガイドライン (第2版) :
     JAMP・JGPSSIによる共同検討の成果をそれぞれが第2版として発行。
製品とその含有化学物質情報を提供する際の基礎となる製品含有化学物質の管理に取り組む組織に対し、サプライチェーン全体を通じた含有化学物質管理が効率的・合理的に推進されるように、共通的な管理の要件を示したガイドラインのこと。

適合宣言拠点

株式会社村田製作所

  • 野洲事業所 (滋賀県・野洲市)
  • 八日市事業所 (滋賀県・東近江市)
関連グループ会社 (国内)

  • 株式会社福井村田製作所
  • 株式会社金沢村田製作所
  • 株式会社出雲村田製作所
  • 株式会社岡山村田製作所
  • 株式会社小松村田製作所
  • 株式会社金津村田製作所
  • 株式会社アズミ村田製作所
  • 株式会社大垣村田製作所
  • 株式会社富山村田製作所
  • 株式会社鯖江村田製作所
  • 株式会社登米村田製作所
  • 穴水電子工業株式会社
  • 株式会社ワクラ村田製作所
  • 株式会社氷見村田製作所
  • 株式会社ハクイ村田製作所
  • アスワ電子工業株式会社
  • 株式会社イワミ村田製作所
関連グループ会社 (海外)

  • 無錫村田電子有限公司
  • Murata Electronics (Thailand) Ltd.

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp