2011年度入社式社長挨拶要旨

NewsArticleTitle

2011/04/01

株式会社村田製作所

代表取締役社長 村田 恒夫

株式会社村田製作所は、本日、入社式を行いました。
本日付けで当社に入社する新入社員は108名です。
入社式では代表取締役社長 村田恒夫より下記の挨拶がありましたのでご紹介いたします。

要旨

今日お集まりのみなさんの中にも、震災にあわれた方、ご家族、ご親戚、知人の方で被災された方がおられると聞いている。心より、お悔やみ申し上げるとともに一日も早い回復をお祈りする。今回の大震災から、みなさんもいろいろなことを感じ、学ばれたことと思う。私が感じたところを挙げる。

われわれの社会は、たくさんの企業がつながり合って日々生産活動、サービス活動を営んでいる。ひとつの材料、ひとつの部品の供給が滞るといろいろな産業に影響を与える。日本で起きた大震災の影響が世界の産業にも影響する。当社の電子部品も大きな役割を担っていることを改めて認識した。また、今回の大震災で、被災された地域の復興に向け大勢の人達が、助け合い、励まし合い、力を合わせて頑張っている姿は低迷する日本の経済に勇気を与えてくれる。チームワークの大切さとチームが持つ大きな力を感じる。

入社式に際し、みなさんに期待したいことを3つお伝えする。

ひとつは、視野を広げてほしいということ。会社のこと、社会のこと、世界のことに関心をもって、自分の仕事がどのように社会につながっているか考えてほしい。次に、社会人としてつねに自立した人を目指してほしい。自ら考え、行動し、自らの判断に責任をもてる世界に通用するプロフェッショナルになってほしい。最後に人を思いやる心を大切にしてほしい。いろいろな能力をもった人達が力を合わせて大きな仕事をするためには、互いにメンバーのことを思いやる気持ちが大切だ。

これから、社会人としていろいろな経験を積んで、多くを学んで、世界に通用するプロフェッショナルへと成長してほしい。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp