インテル コーポレーションから「プリファード・クオリティー・サプライヤー (PQS) 賞」を受賞

NewsArticleTitle

2011/04/26

株式会社村田製作所

代表取締役社長 村田 恒夫

概要

株式会社村田製作所は本日、インテル コーポレーションからプリファード・クオリティー・サプライヤー (PQS) 賞を受賞しました。2010年度は村田製作所の他15社がPQS賞を受賞しています。村田製作所はインテルの成功に欠かせない積層セラミックコンデンサ、インダクタ、EMIフィルタを供給し、多大な貢献をしたことで今回の受賞となりました。

株式会社村田製作所 常務執行役員 山内 公則は「このたび2010年度PQS賞という大変な栄誉を賜ったこと、従業員一同を代表し、心から感謝の意を表します。弊社はインテル様のさらなるご成功に貢献すべく今後も精一杯の努力をいたす所存でございます」と述べています。

インテル コーポレーション アセンブリテスト・グローバル資材部長のジェフ・セルバラ氏は「村田製作所のPQS賞の受賞をお祝いいたします。村田製作所は2010年を通して、積層セラミックコンデンサならびにRF部品およびモジュールの主要サプライヤーとしての役割を果たされました。コスト競争力を保ちつつ、卓越した品質、技術、顧客本位のサービスを提供する村田製作所の取り組みが、今回の表彰につながりました。村田製作所の、インテルの要求事項ならびに広範囲な環境、社会およびガバナンスへの取り組みを、インテルは高く評価しております。2011年、更なる成功を期待しております」と述べています。

PQS賞はインテルのサプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント・プログラムの一環として、供給企業に継続的かつ卓越した改善を奨励するために設けられた賞です。PQS賞の受賞には、コスト、品質、供給体制、技術力、および環境・社会・ガバナンスプログラムの目標に対して80%以上のスコアを獲得することが条件とされています。また、供給企業は厳しい改善計画に対して80%以上のスコアを獲得し、安定した品質およびビジネスシステムを実践することが求められます。SCQIプログラムの詳細についてはhttp://supplier.intel.com/qualityをご覧ください。

PQS受賞企業への授賞式はインテル サプライヤー・デイと併せ、米国アリゾナ州スコッツデールにて開催されます。また、インテルのウェブサイトhttp://www.intel.com/での授賞記念広告の掲載を予定しています。

*インテル、Intel、Intelロゴは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp