ASEANエリアにおける新たな生産拠点、「PHILIPPINE MANUFACTURING CO. OF MURATA, INC.」工場竣工式を挙行

PMM竣工式の様子

2012/10/22

株式会社村田製作所

代表取締役社長 村田 恒夫

要旨・概要

株式会社村田製作所のフィリピンにおける生産子会社である「PHILIPPINE MANUFACTURING CO. OF MURATA, INC. (バタンガス州タナウアン市、以下PMM) 」は、新工場の工事完了を受け、2012年10月22日 (月) 竣工式を執り行いました。

竣工式には、フィリピン経済区庁のデ・リマ長官、在フィリピン日本国大使館の卜部敏直大使をはじめ、地元タナウアン市関係者や地域代表者など多くの方々にご参加いただき、当社からは代表取締役社長の村田恒夫、常務執行役員の濵地幸生、PMM社長の益田喬らが参加いたしました。

式典冒頭、村田社長は「多くの方々の絶大なるご支援のもと本日の竣工式を迎えることができた。ここフィリピン工場はアジア最大の敷地面積を誇り、将来的に生産品種、規模を拡大していくことを想定している。この工場の立ち上げと生産拡大はムラタグループ全体にとって、非常に重要なプロジェクトである」と挨拶いたしました。

電子機器の高機能化やスマートフォン・タブレットPCなど新たなアプリケーションの普及・伸長による需要拡大に応えるため、またASEANエリアの新たな生産拠点として、フィリピンに新工場を建設いたしました。2013年1月から、まずはチップ積層セラミックコンデンサの生産を開始いたします。続けて、他の製品の生産も予定しております。

PHILIPPINE MANUFACTURING CO. OF MURATA, INC. の概要

商号: PHILIPPINE MANUFACTURING CO. OF MURATA, INC.
所在地: First Philippine Industrial Park,
Barangay Pantay Bata, Tanauan City, Batangas, Philippines
敷地面積: 227,646平方メートル
設立日: 2011年9月22日
代表者: 益田 喬
資本金: 1,400,000,000ペソ (日本円: 約26億9千万円)
出資: 当社99.99%出資
事業: ムラタグループ製品の生産

関連リリース

フィリピン生産子会社の設立について (PDF: 53KB)

積層セラミックコンデンサについて

コンデンサとは、電気を蓄えたり放出したりする電子部品です。充放電を繰り返すことで電圧を安定させたり、ノイズの吸収や一定の周波数の信号を取り出す役割として幅広く使用されます。積層セラミックコンデンサ (MLCC) は、いまや電子機器に欠かせない部品です。例えば、最新のスマートフォンに搭載されるMLCCは約500個といわれています。電子機器のなかで重要な役割を担うMLCCの市場において、当社は市場と技術の両方をリードするリーダー的な存在です。
当社のMLCC事業に関する動画もご覧ください。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp