解析シミュレーションソフトFemtet®のバージョンアップと第24回設計・製造ソリューション展への出展について

NewsArticleTitle

2013/06/12

株式会社村田製作所

代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

ムラタソフトウェア株式会社は、解析シミュレーションソフトウェアFemtet®2013をリリースいたします。応力解析において疲労寿命評価機能、座屈解析機能、剥離解析機能、熱伝導解析において発熱量の温度依存性機能の追加、磁場解析においてモーター回転解析機能の追加、電磁波解析において辺面電磁波の入射解析機能の追加、高速スイープ機能の高速化、材料の周波数特性を考慮した解析機能の追加、行列ソルバにおいて反復法マルチコア機能の追加、その他プリ・ポストプロセッサやグラフツール、各種ユーザーインターフェース機能を充実・改善しております。詳細は下記「バージョンアップ概要」をご覧ください。

また、6月19日 (水) から6月21日 (金) に東京ビッグサイトで開催される「第24回 設計製造ソリューション展」に出展いたします。会場では最新のFemtet®2013のデモをご覧いただけます。

背景

ムラタソフトウェアでは、技術者自らが気軽に使用できる解析シミュレーションソフトを2008年6月2日より販売し、この度5周年を迎えることができました。年に数回のバージョンアップを続けており、お客様からのご要望に沿うことができるよう継続的に改善しています。

この度創業5周年を迎え、大幅に進化したFemtet®2013をリリースいたします。
Femtet®2013では、電磁波解析ソルバや応力解析ソルバ、磁場解析ソルバ等の機能向上、より使いやすいユーザーインターフェースの実現等を目標としました。これにより、技術者の皆様の様々なニーズに対応できるようになりました。

バージョンアップ概要

解析機能の充実

応力解析: 疲労寿命評価オプションを追加しました。

応力解析のステップ解析で、疲労寿命を評価できるようになりました。

応力解析のステップ解析で、疲労寿命を評価できるようになりました。

応力解析のステップ解析で、疲労寿命を評価できるようになりました。
はんだバンプの相当非弾性ひずみ振幅△Ene
はんだバンプの相当非弾性ひずみ振幅△Ene

alt="はんだバンプの疲労寿命Nf分布"

はんだバンプの疲労寿命Nf分布


応力解析: 座屈解析機能を追加しました。

座屈解析機能が追加されました。

座屈とは: ある荷重において構造物の変形モードが不安定となって別の安定な変形モード (座屈モード) に急激に移行する現象

座屈解析機能が追加されました。

座屈解析を行うことによってモデルの構造物が座屈する荷重および座屈モードの形状が分かります。


応力解析: 簡易接触に剥離を考慮した解析機能。

簡易接触の扱いが自動判定の場合に、剥離を考慮した解析が可能となりました。

簡易接触の扱いが自動判定の場合に、剥離を考慮した解析が可能となりました。

電磁波解析: 平面波入力機能を追加しました。

開放境界条件の設定された面に、平面波が入力できるようになりました。

開放境界条件の設定された面に、平面波が入力できるようになりました。

電磁波解析: 解析速度がさらに高速になりました。

主に高速スイープを用いた解析が高速化されました。
主に高速スイープを用いた解析が高速化されました。

電磁波解析: 効率計算の改善をおこないました。

高速スイープの解析結果から放射効率を計算した場合の計算精度が改善されました。 
アンテナ計算モデル全体 アンテナ部拡大図
従来の計算方法では効率計算において、逐次スイープと高速スイープの結果の違いが大きかったが、それを小さくすることができました。 (左下のグラフで、0.5GHz近傍をご覧ください。) 逐次スイープは損失計算を正確扱っているのに対し、高速スイープは、簡易的な扱いになっているので、損失を正確に求めることができませんが、かなり逐次スイープに近い結果が得られるようになっています。
また、今回の修正により、消費電力計算も改善されています。

トータル効率=100×放射電力/入力電力 放射効率=100×放射電力/ (入力電力 - 反射電力)
トータル効率=100×放射電力/入力電力
放射効率=100×放射電力/ (入力電力 - 反射電力)
今回の修正は、Sパラ、電磁界分布に影響しません。また、効率以外の放射特性にも影響しません。

今回の修正は、Sパラ、電磁界分布に影響しません。
また、効率以外の放射特性にも影響しません。


電磁波解析: 材料の周波数特性が扱えるようになりました。

誘電率、透磁率の周波数特性が設定できるようになりました。

高速スイープの解析結果から放射効率を計算した場合の計算精度が改善されました。

熱伝導解析: 熱境界条件へ強制対流を追加しました。

熱境界条件の名称を整理し、強制対流が追加されました。

熱境界条件の名称を整理し、強制対流が追加されました。

熱伝導解析: 発熱量設定の拡張をおこないました。

熱伝導解析で、発熱密度から発熱を設定できるようになりました。
温度依存性のある非線形の発熱密度設定ができるようになりました。

熱伝導解析で、発熱密度から発熱を設定できるようになりました。温度依存性のある非線形の発熱密度設定ができるようになりました。

磁場解析: モーターの回転解析機能を追加しました。

ローターの角度とトルクの関係を簡単に解析できる機能が追加されました。

ローターの角度とトルクの関係を簡単に解析できる機能が追加されました。

その他の各追加・対応機能

反復法マルチコア化をおこないました【統合パック】。

反復法がマルチコア化されました。
4コア以上のCPUを搭載したPCでは、反復法による求解が高速化されました。

反復法がマルチコア化されました。4コア以上のCPUを搭載したPCでは、反復法による求解が高速化されました。

メッシャ: 波長の長さに応じたメッシュを生成する機能を追加しました。

波長あたりのメッシュサイズが設定できるようになりました。

波長あたりのメッシュサイズが設定できるようになりました。

CAD: SolidWorks®用Femtet®アドイン (Femtetへモデルインポート) 。

SolidWorksに、Femtetアドインをインストールすると、SolidWorksからFemtetへモデルの自動インポートができるようになりました。

波長あたりのメッシュサイズが設定できるようになりました。

展示会出展について

第24回 設計・製造ソリューション展 (DMS展)

会期:   2013年6月19日 (水) ~6月21日 (金) 10: 00-18: 00 (21日のみ17: 00まで)
会場:   東京ビッグサイト
東京都江東区有明3-21-1
登録:   以下のURLより展示会招待券をお申し込みください。入場料が無料となります。
http://www.dms-tokyo.jp
来場者の方々にご覧いただけるよう、当社ブースにてFemtet®2013のデモ機を用意しています。

Femtet®について

Femtet®は、株式会社村田製作所で約30年前から改良を重ねてきた、解析シミュレーションで、設計・開発の手戻りを減らし、開発コストの削減に貢献します。高機能かつシンプルな操作性を有し、導入しやすい値段設定により解析シミュレーションにかかるコスト自体も削減できます。初めて解析シミュレーションソフトを使用する技術者でも、すぐに使用できるよう、分かりやすい日本語のヘルプ・チュートリアル・例題集を標準装備しています。多くの技術者の方々にご利用いただける画期的な解析シミュレーションソフトです。

特徴

多機能: 7つの解析ソルバ (電磁波解析、磁場解析、電場解析、応力解析、熱伝導解析、圧電解析、音波解析) とそれらの連成解析機能を有し、さらにモデル作成/結果表示機能を1つのパッケージでご提供いたします。
簡便性: 導入時からすぐに使えるシンプルな操作性。
分かりやすい日本語のヘルプ・チュートリアル・例題集を標準装備
低価格:
  • 1年間利用ライセンス (PC準固定方式)
    基本パック ¥198,000/本 (税別)
    統合パック ¥396,000/本 (税別)
  • 1年間利用ライセンス (サーバ方式)
    基本パック ¥250,000/本 (税別)
    統合パック ¥500,000/本 (税別)

Femtet®についての詳細はムラタソフトウェアHPでご確認ください。

http://www.muratasoftware.com/index.html

セミナー開催について

Femtet®2013をより多くの技術者の方にご理解いただくため、(株) 村田製作所東京支社内 (東京都渋谷区) 、並びに (株) 村田製作所本社内 (京都府長岡京市) にて無料セミナーを開催します。

セミナーの詳細、およびお申し込みはムラタソフトウェアHPをご参照ください。

http://www.muratasoftware.com/support/event/index.html


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp