ムラタセイサク君®・ムラタセイコちゃん®が日本科学未来館に登場! —7月18日 (木) ~8月4日 (日) 展示・イベントを実施します—

ムラタセイサク君®・ムラタセイコちゃん®

2013/06/20

株式会社村田製作所

代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

株式会社村田製作所は、日本科学未来館の夏休みイベントに企画協力し、2013年7月18日 (木) から8月4日 (日) まで、自転車型ロボット「ムラタセイサク君®」および一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん®」を日本科学未来館に展示し、デモンストレーションや開発者によるトークイベントなどを実施します。

イベント詳細

サイエンス・ミニトーク「ムラタセイサク君®・ムラタセイコちゃん®実演~なぜ倒れない? バランスの秘密~」、パネル展示

セイサク君・セイコちゃんのバランスをとる仕組みや、セイサク君・セイコちゃんを支える「小さな電子部品」について、毎日2回、各回約20分で紹介します。また、セイサク君・セイコちゃんのデモンストレーションもおこないます。
会期中は常時、セイサク君・セイコちゃんに搭載されている電子部品をパネルでわかりやすく紹介していますので、私たちの暮らしのどこで電子部品が活用されているのか、どのような働きをしているのかをご覧いただけます。

開催日時: 7月18日 (木) ~8月4日 (日) 12: 00~12: 20、15: 00~15: 20 (※パネル展示は常時)
開催場所: 日本科学未来館 3階 未来をつくる
参加費: 入館料のみ

クラブ Miraikan向けイベント「『ムラタセイサク君®』のヒミツを解き明かそう! 」

セイサク君の開発者が、開発物語やセイサク君のヒミツ、日本のモノづくりが支える電子部品の世界についてお話しします。

開催日時: 7月20日 (土) 13: 30~15: 00
開催場所: 日本科学未来館 3階 実験工房
対象: 小学4年生以上のクラブMiraikan会員
定員: 30名 (※応募多数の場合は抽選)
※クラブMiraikanについては

トークイベント「電子部品に恋しちゃう♡ ~株式会社村田製作所 ロボット開発秘話~」

セイサク君の開発者が、プロジェクトチームの発足から走行成功まで、開発秘話を交えながら紹介します。

開催日時: 8月4日 (日) 13: 30~14: 30
開催場所: 日本科学未来館 3階 実験工房
対象: 小学5年生以上
定員: 30名 (※先着順)
参加費: 入館料のみ

ムラタセイサク君®・ムラタセイコちゃん®について

セイサク君は、当社のエンジニア有志が提案し、当社の技術をPRするロボットとして2005年に誕生しました。ジャイロセンサや無線通信モジュールなど、当社の製品を数多く搭載し、不倒停止平均台走行などの技を披露します。このセイサク君の技術を応用して、2008年には一輪車型ロボットのセイコちゃんが誕生しました。 当社では、子どもたちに科学やモノづくりの面白さを伝えたいと考え、2006年よりセイサク君を活用した活動を始めました。日本国内では年間約100校に訪問し、セイサク君やセイコちゃんの実演を行いながら、約1万1千人の子どもたちに科学やモノづくりの魅力を伝えています (2012年度実績) 。

ムラタセイサク君®・ムラタセイコちゃん®の詳細はこちら

村田製作所について

株式会社村田製作所は1944年の創業以来、セラミックスのもつ電気的特性を利用し、多彩な電子部品を開発・商品化してきた世界的な総合電子部品メーカーです。"Innovator in Electronics®"をスローガンに掲げ、独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献しています。また、次世代の"Innovator"を育成するため、セイサク君やセイコちゃんを活用し、科学やモノづくりへの興味づけにも注力しています。

村田製作所の詳細はこちら

日本科学未来館について

場所: 東京都江東区青海2-3-6
開館時間: 10: 00~17: 00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日: 毎週火曜日 (ただし7月23日 (火) ・7月30日 (火) は開館)
入館料: 大人 600円、18歳以下 200円
団体 (8名以上) 大人 480円、18歳以下 160円
※障がい者手帳所持者は当人および付き添い者1名まで無料
URL: http://www.miraikan.jst.go.jp/

関連ニュースリリース

日本科学未来館: 「ムラタセイサク君®」「ムラタセイコちゃん®」展示およびイベント開催 (PDF: 170KB)

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp