採用面接におけるコミュニケーションの見える化を実現する「NAONA x Interview」の実証実験を開始
~企業・応募者の相互理解促進に貢献~

NewsArticleTitle

2019/02/04

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫   

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田 恒夫)は、「NAONA x Interview」*1を用いて、採用面接におけるコミュニケーションを可視化・解析する実証実験を開始します。

※本実証実験の個別結果により応募者の合否判断に影響することはありません。任意での調査協力になりますので、ご協力いただけない場合にも合否判断に影響することはありません。

*1 NAONA x Interview:村田製作所が開発を進めるセンシングデータプラットフォーム 「NAONA」による面接向けのソリューションです。


 

 

期間
2019年2月より 
実験場所
村田製作所 採用面接
実験対象
村田製作所の採用面接の面接官(従業員)と応募者
センシング対象
採用面接での会話から抽出されるコミュニケーション情報(発言の量・長さ・テンポ*3・感情)*4
目的*2
・面接官と応募者のコミュニケーションを可視化し、分析

・面接官のスキルの把握・向上
・両者の自己開示の促進を図り、採用面接の質を向上


*2 応募者の資質などを判断するために用いるものではなく、あくまで当社面接官のスキル向上・面接の質向上を目的としています。
*3 テンポ:一人当たり1回発言する平均時間と定義しています。
*4 NAONAは端末側でエッジ処理を行い、会話内容を音声特徴量に変換した後に元データを廃棄しているため、サーバ上への個人情報の記録などは行っておりません。

 1.実証実験の背景

昨今の採用現場は人材不足が深刻化しており、新卒・中途採用のいずれのケースにおいても、企業と応募者のミスマッチを防ぎ、人材獲得へ繋げることがこれまで以上に重要な課題となっています。採用面接は、企業は応募者の人柄やスキルを、応募者は企業の価値観や風土を知ることができる貴重なコミュニケーションの機会です。
今回、当社の「NAONA x Interview」を採用面接の場に導入することで、面接官と応募者の発言量やテンポ、感情などのコミュニケーション指標を可視化・解析します。各面接における面接官と応募者の自己開示の状況を把握し、当社の面接官教育の一層の充実を図ります。面接官のスキル向上を促進し、多数の応募者がより充実した納得度の高い面接を実現できるようにすることで、企業と応募者にとってより良いマッチング機会の創出に取り組んでいきます。

 2.今後の展望

当社は、「NAONA」を活用して企業内での面談、会議の質向上など、働き方改革に向けた検証も行ってきました。これらに留まらず本実証実験における採用面接でのコミュニケーションの見える化など、今後もさまざまな人と人、モノとモノのセンシングに取り組み、より良い関係性の実現に取り組んでいきます。


関連情報

センシングデータプラットフォーム「NAONA」を使った実証実験については以下をご覧ください。

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp