連結子会社および特定子会社の合併に関するお知らせ

NewsArticleTitle

2019/04/02

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫 

要旨

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田 恒夫、以下「村田製作所」)は連結子会社であるMurata Electronics Singapore (Pte.)Ltd.(以下、MES)を存続会社とし、特定子会社*1 Murata Energy Device Singapore Pte. Ltd.(以下、MDS)を消滅会社とする吸収合併を行いましたのでお知らせします。
なお、MDSはMESのTuas Plantとして、機能を存続します。


背景

存続会社となるMESは1972年の設立以来、コンポーネントの製造ならびに当社および関係会社の製品の販売、アセアン販売会社の統括管理を行い、村田製作所の事業拡大の役割を担ってきました。消滅会社となるMDSは2017年の設立以来、電池製品の製造を行ってきました。
このたび、MDSをMESに吸収合併することで、リソース統合によるさらなるシナジーの醸成と間接生産性向上の実現、人材交流の活性化による次世代を担うリーダー育成・組織風土改革の推進を行い、村田製作所のさらなる競争力向上を図ります。

各社の詳細は以下の通りです。

  存続会社
 消滅会社
名称
 
Murata Electronics Singapore (Pte.)Ltd.
(MES)
Murata Energy Device Singapore Pte. Ltd.

(MDS)

住所
200 Yishun Avenue 7, Singapore 768927
1 Tuas Road, Singapore 638481
資本金
4,000千Sドル
1Sドル

162,000千米ドル
※上記各通貨金額の合計が資本金の額となります。

事業内容
コンポーネントの製造ならびに当社および関係会社の製品の販売、アセアン販売会社の統括管理
電池製品の製造
設立年
1972年12月
2017年9月

*1 特定子会社…対象会社の売上高または仕入高が村田製作所単体の①100分の10以上、または②純資産額が100分の30以上、または③資本金が100分の10以上となる場合の子会社を指します。MDSは③に該当します。詳細につきましては、開示府令第19条第10項をご参照ください。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp