『日本の人事部「HRアワード2019」』入賞
採用面接におけるコミュニケーションの見える化を実現する「NAONA x Interview」

NewsArticleTitle

2019/09/06

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫  

株式会社村田製作所は、採用面接におけるコミュニケーションの見える化を実現する「NAONA x Interview」*1が日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門で入賞したことをお知らせします。今後、入賞した各取り組みに対してユーザー投票が行われ、得票数上位5位までが審査員による最終審査を経て、最優秀賞が選ばれます。

*1 NAONA x Interview:村田製作所が開発を進めるセンシングデータプラットフォーム 「NAONA」を用いた採用面接向けのソリューションです。


人手不足が深刻化するなか、応募者が初めて企業と接する面接での印象が人材獲得の重要な要素となっています。当社は、「NAONA x Interview」を用いて中途採用での応募者と面接官の発言量や発言のテンポ*2、感情値といったコミュニケーション情報*3の可視化・解析に取り組んできました。収集した面接データを使うことで、面接官に客観的なフィードバックによるスキル向上教育を行うことが可能になりました。また、解析結果をもとに採用フローを見直し、応募者の入社意欲の向上につながる1対1の職務マッチング面談を導入しています。これらの取り組みにより、応募者が仕事内容をより深く理解できるようになり、採用活動の効率化にもつながっています。こうした「NAONA x Interview」による採用活動の充実が、「HRアワード2019」においても高く評価され、入賞に結び付きました。

*2 テンポ:一人当たり1回発言する平均時間と定義しています。
*3 NAONAは端末側でエッジ処理を行い、会話内容を音声特徴量に変換した後に元データを廃棄しているため、会話内容の録音、サーバ上への個人情報の記録なども行っておりません。

当社は「NAONA x Interview」を技術系学生向けインターンシップの面接でも実証実験を開始しています。今後、面接官が適切に学生の長所を引き出せているかなど、質の高いコミュニケーションの実現に向けたさまざまな分析を行う予定です。

日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 入賞について
詳細は以下のURLよりご覧ください。
https://hr-award.jp/nominate.php


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp