タイでの新生産棟の竣工について

2019/10/04

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田恒夫 

株式会社村田製作所の生産子会社、Murata Electronics (Thailand), Ltd. は、昨年12月より建設を進めていた2つの生産棟が完成したことをお知らせします。

スマートフォンをはじめとする高機能化が進展するモバイル機器向けや、電装化が進む自動車向けの電子部品需要の増加に対応するための生産能力の増大を目的としており、さらなる需要拡大へ対応できる体制を構築していきます。

 
EMIフィルタ生産用の新生産棟                 アンテナコイル生産用の新生産棟

 

EMIフィルタ生産用の新生産棟

構造・規模: RC造2階建て
延床面積:
9,993 ㎡ 
建築面積:  5,166 ㎡ 
投資額:  約15億円(建物のみ) 

 

アンテナコイル生産用の新生産棟

構造・規模: RC造2階建て
延床面積: 9,995 ㎡ 
建築面積: 5,138 ㎡ 
投資額: 約14億円(建物のみ)


 

Murata Electronics (Thailand), Ltd.

所在地:  Northern Region Industrial Estate 63 Moo 4, Tambol Ban Klang Amphur Muang, Lamphun 51000, Kingdom of Thailand
設立:  1988年9月 
資本金:
950,000,000 Bhat 
代表者: 中山 能勝 
従業員数: 6,500名(2019年9月30日現在) 
事業内容: 超音波センサ、アンテナコイル、圧電製品、EMIフィルタ、コンデンサなどの開発・製造

 

 


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp