Facebook社「Terragraph」向け、ミリ波帯(60GHz)RFモジュールを提供

NewsArticleTitle

2019/10/10

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田恒夫  

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫、以下「村田製作所」)はFacebook社が提供する高速ネットワーク技術「Terragraph」向けにRFモジュールの開発に取り組んでいます。

「Terragraph」は、都市部や郊外で高まる高速インターネット環境ニーズに応えるべくFacebook社が開発したギガビット無線技術で、基地局間に200~250m間隔でミリ波帯RFモジュールを配置することで構成するワイヤレスバックホールです。一般的には光ファイバーケーブルを埋設することで高速ネットワークを構築しますが、工期・費用がかかってしまうことが大きな課題となっています。「Terragraph」は街灯など、既に街中に存在するものに対してミリ波帯RFモジュールを含むセットボックスを取り付けて無線高速ネットワークを構築するため、従来の有線ネットワークと比較して短工期・低コストでの構築を実現します。
今回提供するミリ波帯RFモジュールは、独自に開発したLTCC*を用いることで、ミリ波帯における安定した通信品質と高耐熱・高耐湿性を実現し、「Terragraph」における高品質なネットワーク環境を実現します。

代表取締役 専務執行役員 モジュール事業本部 本部長 中島 規巨(なかじま のりお)は以下のように述べています。

「5Gの普及が近づく中、情報社会はこれまで以上に身近で、誰もがアクセスするものとなっていきます。世界中のより多くの人々が快適なアクセスを行うことを目指すFacebook社の取り組みに、通信・ハードウェアで強みを持つ村田製作所がサポートできることを大変うれしく思います。」

本製品はCEATEC2019(メディアコンベンションは2019年10月14日、会期:10月15日~18日)の村田製作所ブース(幕張メッセ HALL7 H021)に出展します。

*Low Temperature Co‐fired Ceramicsの略:1000℃以下で焼成したセラミックのこと
 

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp