第4回IoT/M2M展【秋】出展について

NewsArticleTitle

2018/10/12

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

要旨

株式会社村田製作所は、第4回IoT/M2M展【秋】1に出展いたします。

詳細

 名称:
 第4回IoT/M2M展【秋】
 会期:
 2018年10月24日(水) ~  26日(金)
 会場:
 幕張メッセ
 URL:
 http://www.m2m-expo.jp/Home_aki/

主な出展アイテム

■訪日外国人旅行客向けサービスプラットフォーム
訪日外国人旅行客が、日本滞在中において通信手段に苦慮することなく、観光・手荷物配送状況、または災害等の緊急時など、さまざまな利用シーンで情報収集が可能となるサービスプラットフォームを紹介いたします。
複数の無線規格を搭載した省電力無線タグが外国人旅行客向けモバイルアプリケーションをオンライン化し、サービスの機能拡張も可能になります。ブースではNB-IoT無線タグを使用したデモンストレーションを実施いたします。

■離床検知デバイス
ベッド上で寝ている方の状態をリアルタイムに検知する高精度な離床検知デバイスを紹介いたします。
起き上がり・端座位を検知し、実際に離床する前にスマートフォンなどのデバイスへ通知することが可能です。また、寝返りの有無やベッド上での位置など、離床以外の状態検知も可能です。常時監視が不要になるため、施設などでの夜間や休日の見守りコスト削減に貢献いたします。ブースではイスを使った検知デモンストレーションを実施いたします。

■OWLiQ™ tracking(省電力タグとBLE(Bluetooth Low Energy)メッシュによる屋内測位システム)
高い自由度と低い導入障壁を実現する、省電力タグとBLEメッシュによる屋内測位システムを紹介します。工場内のモノやヒトにビーコン発信機を取り付け、動きや位置を“見える化”することで生産性の向上に貢献します。今回当社ブースでは当システムを使用したヒトの動きを“見える化”するデモンストレーションを実施いたします。
OWLiQ™ trackingの紹介はこちらをご覧ください。

■m-FLIP™(設備稼動改善ソリューション)
ムラタ独自の設備稼動分析ソフトウェアと現場経験者によるシステム導入と活用の支援サービスをパッケージ化したワンストップソリューションを紹介いたします。
設備稼動率アップによる生産能力の向上や工数削減や、既存リソースを有効活用することにより設備投資抑制に繋げることが出来ます。
m-FLIP™の紹介はこちらをご覧ください。

■無線通信技術LPWA
高速、低遅延通信の5GとともにIoT向けでは、より少ない消費電力で、より遠くにデータを送れるLPWAが注目され、各家庭の水道、ガスのようなライフラインの自動検針や、工場設備の監視や予防安全などさまざまなシーンでニーズが高まっています。また、LoRaWANやSigfox に加え、NB-IoT、LTE-Mといった新たな通信規格の動きも活発化してきており、注目度がさらに高まっています。ブースでは、LPWAの各通信規格の特長や、各規格に適合した通信モジュールをご紹介いたします。


詳細は当社特設サイトをご覧ください
https://www.murata.com/ja-jp/campaign/events/japan/iotm2m


※1:
IoT/M2M展【秋】は、IoT/M2Mシステムを構築するために必要な、あらゆる製品/サービスを一堂に集めた専門展です。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp