自動車用175℃/200℃対応リードタイプ積層セラミックコンデンサのラインアップ追加

2018/01/11

要旨

株式会社村田製作所は、高温用途に対応する自動車用リードタイプ積層セラミックコンデンサRHSシリーズのラインアップを拡充しました。今回は新たに、200℃対応200Vdc、500Vdcに加えて100Vdc定格品と、高容量値の175℃対応100Vdc定格品を商品化しました。主に自動車のエンジンルーム周辺など過酷な高温環境に搭載される機器などへの採用を目指します。200℃対応の100Vdc定格品は2018年1月から、175℃対応の100Vdc定格品は2018年2月以降に、株式会社イワミ村田製作所で量産開始予定です。サンプル対応は可能でサンプル価格は200円です。なお本製品は、2018年1月17日~1月19日に東京ビッグサイトで開催される「第10回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~」に出展いたします。


背景

自動車の燃費向上を目的として、パワートレイン系制御システムはDCモーター駆動による制御が増加しています。このDCモーターから発生する電気的ノイズを抑制するためにコンデンサが使用されます。自動車の制御機器は過酷な温度環境で使用され、短時間ですが200℃近い高温になることもあります。このような環境で使用されるコンデンサには、高い耐熱性が求められます。本シリーズは、高耐熱積層セラミックコンデンサを、新しく開発した高耐熱樹脂でコーティングすることにより、最高使用温度200℃を実現していました。これまで定格電圧は200Vdc、500Vdcで容量値も0.01μFまででしたが、今回、175℃、200℃対応の100Vdc品を加えることにより、小型化と0.1μFまでの容量値拡大を行いました。今後、エンジンルーム内などの高温環境に搭載される機器向けに拡販を目指します。


特長

  • リード線付きタイプなので、ノイズ発生源の近くに溶接や「かしめ*1」で接続することが可能
  • AEC-Q200*2に対応
  • ISO7637-2*3規格の過渡サージ試験に対応


詳細仕様

使用温度範囲 -55~+175℃
-55~+200℃
定格電圧
100Vdc
(175℃の定格電圧は50%に低減)
100Vdc(温度特性コード:7G)
200Vdc、500Vdc(温度特性コード:7J)
(200℃の定格電圧は25%に低減)
静電容量温度特性
又は
温度係数
(ppm/℃)
温度特性コード:L1
-55~175℃:+15/-40%

温度特性コード:N1
-55~175℃:+15/-60% 
温度特性コード:7G
-55~25℃  :0 +30/-72ppm/℃
25~125℃  :0 +/-30ppm/℃
125~200℃:0 +72/-30ppm/℃

温度特性コード:7J
-55~25℃  :-750 +120/-347ppm/℃
25~125℃  :-750 +/-120ppm/℃
125~200℃:-750 +347/-120ppm/℃
静電容量値範囲
温度特性コード:L1
4700pF~0.1μF

温度特性コード:N1
4700pF~0.22μF
温度特性コード:7G
100pF~3300pF

温度特性コード:7J
100pF~0.01μF
寸法(L×W)
サイズ0:3.8×3.5mm max
サイズ1:4.0×3.5mm max
サイズ2:5.5×4.0mm max


外形寸法及びリード線ピッチ

 L×W:
定格電圧と静電容量の組み合わせによって決まります 
 F(リード線ピッチ):
100Vdc、200Vdc定格品・・・2.5mm または 5.0mm いずれかの選択が可能
500Vdc定格品・・・5.0mm



電圧・温度のディレーティングについて

製品温度が150℃を超える場合は、以下のように定格電圧に対してコンデンサに印加される電圧を軽減してご使用ください。


製品サイト

RHSシリーズ
シリーズラインアップはこちらをご覧ください。


用語説明

*1. 
かしめ: 金属部材や金具を、接着剤などを使用せずにペンチや専用工具を用いて固定する方法
*2.
AEC-Q200:
Automotive Electronics Councilが策定した、車載電装部品に求められる信頼性試験規格
*3.
ISO7637-2:
車載電装機器から発生するノイズに対する耐性確認試験規格

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp