地域に生きるムラタ

Murata's Sales and Marketing Center in this World-Famous Megalopolis Enhances its Commitment to Developing Scientific Human Resources and Creating New Energy Business

東京支社[東京都渋谷区]

21世紀に入った頃、IT産業の集まる街として「ビットバレー」と呼ばれた渋谷。

東京の情報発信拠点として、最近では流行のファッションや「渋谷語」発祥の地として存在感を高める。

ムラタは1999年に東京支社を竣工した。

京都らしさを追求したオフィスビル、首都圏の拠点を集約、東日本での存在感を高める

東京支社のビルが竣工したのが1999年。ムラタが手がけた初めてのオフィスビルで、格子状の外観や窯業系素材を利用した壁面、木のぬくもりを感じさせる1階エントランスなど、京都の企業らしさを追求。また、二重ガラスを採用し日射と騒音を軽減、雨水を利用して植栽への散水と非常用水を確保するなどの特長も併せ持つ。

Shibuya's map

東京支社の設置にともない、首都圏に点在していた拠点を統合、営業機能の強化が図られた。現在は営業本部が置かれ、国内外の販売・マーケティングの中枢として、情報収集と新製品開発につなげるための情報発信を行う。得意先をはじめとする外部との連携の中核拠点であり、さらには東日本の大学・研究機関との共同研究や共同開発、人材確保のための拠点という役割も担っている。

特に人材確保の面では、東京支社ができたことで全国的な知名度が上がり、東日本の大学などからの応募者増に貢献している。

ものづくりの大切さ、理科の楽しさ、全国へと広がった電子工作教室

地域・社会貢献活動の一環として、2007年10月から「 」を行っている。小学校高学年を対象に、ものづくりの大切さや理科の楽しさを伝え、電子部品の存在を知ってもらい、次世代の理工系人材を育てようという取り組みである。2009年8月からはオリジナル教材を用いて年2回、夏季と冬季に定期開催するようになり、すでに6回開催。平均24組が参加し、のべ150名以上が参加した。

募集は子ども向けの科学雑誌とムラタのウェブサイトなどで行われ、通常は1.5倍から2.5倍の競争率で抽選となる。作るのは、「ブルブル星人&トントンリモコン」というムラタのエンジニアが中心となって開発した電子工作教室専用のキット。子どもたちは、工具の使い方を教わり、はんだ付けをして完成させる。最初は恐る恐るはんだごてを持ち、ドライバやラジオペンチを使っていた子どもたちも、1時間半の工作時間を経て見違えるほど上達する。完成したらテスト走行を行う。

リモコンをたたくと本体に赤外線で信号が送られて走り出し、子どもたちの歓声が上がる。一緒に参加した保護者からは「普段は教えられない部品やはんだ付けのことを教えてもらった」「家でも親子でやってみたい」など評判は上々。東京支社内から、講師1名と不具合が発生したときに対応できるドクターと呼ばれる理工系のスタッフ、当日の指導スタッフなど、合わせて10名程度をボランティアで募って開催する。最近では、同様の取り組みを渋谷区の教育委員会とも連携して行うようになった。

「こども科学センター・ハチラボ」で開催したもので、電話による先着申し込みは、わずか1時間で満席に。この東京支社発祥の電子工作教室はマニュアル化され、横浜や京都、八日市、小松など、全国のムラタの拠点へと広がりを見せ始め、各地の地域貢献に役立てられている。

電子工作教室

主に小学校高学年が対象で、ドライバやニッパ、はんだごてを使って電子工作キットを組み立てる。

取組みは東京支社で2007年から始まり、当初は市販教材を用いて開催していたが、2009年には横浜事業所が中心となってオリジナル工作キット「ブルブル星人&トントンリモコン」を開発。

部品にはセンサやコンデンサ、ダイオード、トランンジスタ、モーターなどが使用されており、1~2時間で組み立てられる。

ボタンのない「トントンリモコン」の側面をたたいて赤外線センサを起動させ、ロボットを動かす。

Vibrating Alien & Tap-tap Remote Controller

ブルブル星人&トントンリモコン

続きを読む