お客様に聞く

Reliable Partnership Formed Around a New Wireless Power Transmission Module Technology by Chance Technological Advancement and Strengthened Collaboration from Anticipated Market Growth

松岡 建志 氏/Kenji Matsuoka 日立マクセル株式会社 理事 新規事業開発プロジェクト プロジェクトリーダー

電界結合方式という新しいの方式を知ったのは2010年。非常に優秀な技術であったため、
お客様の期待に応えるべく、商品化に踏み切りました。これまでもお客様本位の姿勢で、商品を世に送り出してきましたが、
今回、コラボレーションして開発を進めていくうちに、ムラタさんには相通じるものを感じました。
商品化というソリューションを提案される、頼もしいパートナーだと思っています。

ワイヤレス給電への取り組み、電界結合方式を採用した背景

部品を供給していただいて、長いお付き合いになりますが、お互いが協力して商品化するのはこれが初めてですね。ワイヤレス給電については、携帯電話iPhone4用として、充電カバーと充電ステーションの「エアボルテージ (AIR VOLTAGE) 」を2011年4月に発売。そのときは、ワイヤレス給電の標準化を行ったワイヤレスパワーコンソーシアム (WPC) の規格であるを採用しました。「電磁誘導方式」ですね。またその頃、タブレット端末のiPad2へのワイヤレス給電ニーズが拡大していると感じ、開発を急いでいました。

しかしQi規格では出力が足りずiPad2の充電ができません。そこへ、2010年に「電界結合方式」という新しい方式をムラタさんが開発したと知りました。ムラタさんとお話をさせていただく機会があって、聞いてみると非常に素性のいい製品。iPad2の充電に必要な出力が得られるほか、機器に組み込みやすく、給電エリアも広い、そして電波の干渉もなく、発熱も少ない。このワイヤレス電力伝送モジュールを採用するか、検討に入りました。

iPhoneの電磁誘導方式とiPadの電界結合方式、社内で2つの方式を採択することになるわけですが、お客様のことを考えると、方式の違いにこだわっている場合ではない。私たちとしては、いち早く商品化して、利便性の高いものを提供しようと決断。やると決めたら、全社一丸で取り組む、これがマクセルのいいところです。

開発に当たっては、商品にふさわしいデザインとするために、いくつかのハードルがありました。例えば、iPad2という商品の特性から、用途は縦置きだけではなく横置きも必要、細部のデザインにもこだわりたいので、モジュールの形状を何とかしてほしい。こうした要望をムラタさんとともにクリアしていく、そういう作業が続きました。

B to Bニーズの高まり、予想外の業種からの問い合わせ

商品化されたのが、「エアボルテージ for iPad2」で、2011年11月に発売しました。予想以上に反応は大きく、とくに目立ったのは法人のお客様からのニーズでした。

例えば、展示会場でディスプレイや説明用にiPadを常時使うとき、展示が終わってから翌日のために何台も充電するのは大変。そんなときに、ワイヤレス給電だと置くだけで展示中でも充電してくれる。他にも、店舗のウィンドウで、動画のプレゼンテーションを行うとき。営業マンが出先で活用し、移動の車中で充電するとき。帰社してからの充電も置くだけなら簡単ですから。

意外なところでは、回転寿司店様から、テーブルに置いたiPadで注文を受けるので、その充電に使いたいという問い合わせがありました。発売する前から、B to B (企業間取引) のニーズは、ある程度想定はしていて、営業活動も行っていましたが、それ以上に反応が大きい。予想外のところからも問い合わせが舞い込み、マーケットが拡大している手ごたえを感じています。

しかし幅広いお客様にお使いいただくとなると、水に強いとか、落としても壊れにくいなど、新しいさまざまなご要望にお応えするスペックが必要になります。次の開発に向けて、課題をいただいたように感じています。

今後の拡大が期待できるマーケット、大容量化、短時間化などが課題

ワイヤレス給電は普及が始まったばかりで、これから伸びていく市場だと思います。ゲーム機やパソコン、最終的には電気自動車まで広がると言われています。乾電池のような一次電池も電源として重要ですが、おそらく5,000円以上の比較的高価な機器には、ワイヤレス給電が受け入れられるのではないかと予想しています。

充電できるほうが基本的にはエコだし、ワイヤレスだと充電用の接続端子が傷まないというメリットがあります。ただ、発売はしたものの、改良の余地はまだまだあります。まず、大容量化。機器の使用時間を伸ばして、さらに展開できる機器を増やしたい。そして急速充電。充電に数時間もかかるのではなく、10数分でできるようになると、商品展開は大きく変わると思います。

今後は、Android端末への対応も検討していますし、ムラタさんの技術開発にも大きな期待を寄せています。

ワイヤレス給電

電力を無線で伝送する技術。スマートフォンやタブレット端末、デジタルカメラへの非接触充電、薄型テレビへの壁からの電力供給、電気自動車の充電、工場やビルの配線レス、さらには宇宙太陽光発電から地球への電力伝送まで、幅広い応用に期待が集まっています。
すでに、非接触充電機能を搭載したスマートフォンが発売され、自動車メーカーもワイヤレス給電の活用を検討。国内外の電機電子メーカーの取り組みも活発化してきました。

Qi (チー)

ワイヤレスパワーコンソーシアム (WPC) が策定したワイヤレス給電に関する規格。WPCは、Qiの規格策定、および普及を目的として設立された業界団体で、2008年に設立。
2010年4月には、Qiの相互運用に関する仕様を発表。現在、国内外の企業約100社が加盟。

続きを読む