FRONT Line

With its Flexible Energy Concept, the "Capacitor House" Is Opening up New Markets. Murata's New Component Engineering Is a Further Expression of its Culture

岩坪 浩/Hiroshi Iwatsubo執行役員 営業本部 本部長

プロフィール

1985年入社。セラミック材料の開発に従事。
1989年Murata Europe GmbHへ出向し、開発・新規ビジネスマーケティングを担当。1993年村田製作所に帰任、技術管理部、半導体商品部企画課長、設計課長を経て2005年企画部部長に就任。2008年デバイス事業本部センサ事業部 事業部長。2011年より現職。
趣味はゴルフ、読書、ウォーキング。

エネルギーへの関心が高まっている。
オフィスや家庭で、IT技術を利用してエネルギーを作り出す、またエネルギー消費機器を自動制御する。
そこには省エネという概念だけではなく、エネルギー全般をマネジメントする技術が必要となる。
キャパシタハウスを謳いコンデンサを基幹部品としてきたムラタが、エネルギー分野にどう貢献できるのか。
民生機器や携帯電話で培ったセンサやネットワークの技術が、エネルギーのあり方をどう変えるのか。
従来から培ってきた技術を通じて社会に貢献したいという思いがある。
今がその絶好の機会、一つの扉が開かれようとしている。

コンデンサの技術を生かして、パワーエレクトロニクス分野へ進出

ムラタは常に挑戦を続けている。パワーエレクトロニクス分野への進出もその一環。得意とする積層セラミックコンデンサの技術を生かして、どういうことができるのか。電力変換や電力制御の技術は、抱える技術者も危険度も違う。ただ、ムラタがパワーエレクトロニクスを手がけると、その世界にいる方々とは違う視点で見られるメリットはある。新しい分野への進出は、疑問から始まる。なぜそうなるのか、なぜこのようにしないのか。技術者の「なぜ」から、違う発想が生まれるかもしれない。

ムラタはキャパシタハウスとして、弱電分野の積層セラミックコンデンサを基幹商品としてきた。最近では、車載用やヘルスケアなど違う分野へも事業を展開している。競争力の源泉は小型化と大容量化の技術で、蓄電できる大容量のコンデンサ、さらにはリチウムイオン二次電池や高出力有機電池など、次世代蓄電デバイスの研究も進めている。そこには材料技術や積層技術が生かされており、そういう形でパワーエレクトロニクス分野への進出を図ってきた。ただ、まだそれぞれが単品で構成されており、システム化された技術ではない。

電源のインテリジェント化という概念

従来から、パワーエレクトロニクスへの関心はあったが、持てる技術を総合して取り組むところまでは至っていなかった。しかし、3.11の東日本大震災以降、世の中の電力、発電や蓄電に対するニーズは大きく変化した。スマートエネルギーやエネルギーハーベストという概念が注目され、どうやってエネルギーを創造していくのかが問われるようになった。

「エコ」といわれている概念も、使用を制限するのか、必要なければ切断するのか。「スマート」という概念の場合、例えば電力料金の安い夜に蓄電し、蓄電したものを昼間の需要ピークに合わせて使用する。電力の最適利用を図ることが目的だが、そうした中でムラタは何ができるのか。太陽電池で発電した電気を最適化して使うには、用途に合わせて変換する必要がある。

DC-DCコンバータやDC-ACコンバータを使って、電源をインテリジェント化し、ロスなく効率よく電気を使う。変換が重なって効率が落ちるようであれば、スマート化とはいえない。そこで、ムラタが今まで培ってきたテレビやプリンタ、コピー機などの電源技術が生かせる余地がある。電源のインテリジェント化は、これからのキーテクノロジーになると考えられる。

続き読む