一つの技術が確立し、商品化されたそのとき、ワイヤレス電力伝送の分野でも革新が起きる

Increased customer awareness is prompting the use of wireless power technology. Murata has successfully developed a concept unique among the several solutions the market has seen to date. Featuring ease of introduction, a wide charging area, and low heat generation, this unique technology is now finding increasing use among customers. Murata is now ready to move further ahead of the competition with its capacitive coupling technology.
石野 聡/Satoshi Ishino 技術・事業開発本部 新規事業推進統括部 統括部長

プロフィール

1983年入社。複合事業部でトリマーコンデンサや可変抵抗器の技術を担当、1987年~1995年アメリカに駐在。
1995年~2008年多層商品および高周波モジュールを担当、2008年より現職場にて新規事業の創出に携わる。
趣味は景色のよいところの散歩や伝統文化エリアの散策。

携帯電話やスマートフォン、タブレット端末の利便性を考えたとき、ワイヤレス給電という仕組みが浮かび上がってきた。
バッテリーという充電を余儀なくされている装置に電力を伝送する。
エネルギーを移行させるという技術は、ムラタにとっても新しいジャンル。
技術陣が一つのモジュールを作り、商品化された。

商品化され一般市場に躍り出たワイヤレス電力伝送モジュール

エネルギー関連事業の一環として、ワイヤレスで給電できるモジュールの開発を行ってきた。ムラタの「ワイヤレス電力電送モジュール」は、携帯電話やタブレット端末の充電を非接続で行うもので、一定の場所に置くだけで給電が始まる。

特長は機器に組み込みやすく、給電エリアが広い、そしてワイヤレス電力伝送部の発熱が少ないこと。かねてより商品化を目指していたが、ムラタが提供したモジュールで、日立マクセル株式会社から「エアボルテージ for iPad2」の名称で2011年11月に発売された。

ワイヤレス電力伝送モジュールは、さまざまな機器に応用でき、家庭やオフィス、公共の場などで利便性の高い充電環境を提供する。

さまざまな方式の検討から始まった非接続での給電方式

ワイヤレス電力電送には主に3つの方式がある。
1つ目は「電磁誘導方式」で、送電側と受電側との間で誘導磁束を利用して電力を送る方式。送電側に埋め込まれたコイルに電流を流すと磁束が生じ、受電側のコイルにも電流が流れる。問題は送受電のコイルの位置が合わないと給電効率が落ちること。コイルを巻くために送受電ともにモジュールが大きくなりやすいこと。ムラタも過去から研究してきた手法で、非接続の電力送電では比較的古くから利用されている。

2つ目が今回採用した「電界結合方式」。送電側と受電側に電極を設置し、電極が近接したときに発生する電界を利用してエネルギーを伝送する技術。電磁誘導に比べて伝送効率が高く、充電台と端末の電極をぴったり合わせなくても充電可能で、一つの充電台に対して複数の機器を対応させることも可能。ムラタが協力企業とのコラボレーションで開発したもので、特許権も取得している。

3つ目は「磁界共鳴式」で、半導体主導の仕組み。さらに、一部では「電波方式」というアンテナで受信した電波を電力として取り出す方式もある。これについては、ムラタとしての強みが生かされないことで開発は保留された。

続きを読む