Column

The Japanese Craftsman A Lesson in Traditional Wheel-Making Wheels Assembled Entirely from Wood Naturally Seasoned over Many Years Traditional Techniques Handed Down from the Asuka Period Continue to Live and Breathe in Gion Festival Hoko Floats

取材協力: 木造車輪製作 株式会社竹田工務店 代表取締役社長 竹田茂夫氏

さかのぼれば、人が車輪を作り、利用してきた歴史は長く、日本では、木造車輪の製作技術は飛鳥時代に確立したといわれる。そして、今もその技術を受け継ぐ技術者たちが京都にいる。驚くべきことに、構造も、製造工程も、ほとんど当時のまま。祭事に使われる山車 (だし) や鉾 (ほこ) などの車輪に、古 (いにしえ) の技が今も息づく。飛鳥時代から続く技術とは、木材で車輪を作る技術とはどのようなものか、伏見区にある竹田工務店を訪問した。

人類が生んだ偉大な発明品「車輪」 日本では飛鳥時代に誕生

車輪とは、ものを移動させるために用いる円形外周をもつ部品のこと。転がり摩擦がすべり摩擦よりもはるかに小さいことを利用したものだ。クルマにとって、車輪は走るためだけではなく、曲がる、止まるという基本性能を支える大切なもの。車輪の発明がなければ、今のクルマは存在しなかったといってもよい。

その起源は、世界最古とされるメソポタミア文明 (紀元前3500年) のコロ (丸い材木) までさかのぼる。車軸を通して回転可能にしたその構造は、人類の発明の中でも偉大なもののひとつだといわれる。車輪はその後、ヨーロッパや西南アジアに伝わり、中国では漢 (紀元前206~後220年) の時代に、車輪を使った乗り物が存在していたことがわかっている。

日本では、飛鳥時代後半 (650年ごろ) のものとみられる木製車輪の一部が、2001年に奈良県桜井市の遺跡から出土している。見つかった車輪はアカガシ材で作られたもので、一部が摩耗していたため、実際に使われていたと考えられている。その構造は、車輪の製作技術が飛鳥時代には完成していたことを示している。

木製車輪の出土を知った竹田工務店の竹田茂夫氏は、現場に駆けつけ、「ぜひ復元させてほしい」と申し出たという。当時、竹田氏は先代が始めた木製車輪の製造を手がけていた。「出土したのは『大羽 (オオバ) 』という外輪部分と、『輻 (ヤ) 』というスポーク部分。構造はわれわれが作っているものとほとんど同じだったので再現できると思った」と、当時を振り返る。結局、その願いはかなわなかったが、それほど車輪に対する思い入れは強かった。

使われているものとしては国内最大級 祇園祭の鉾の車輪を手がけて25年

京都には、祇園祭の鉾 (ほこ) で使われる木製車輪を作る技術が今も伝わる。重さ15トンもある鉾を支える車輪は、直径2mもあり、実際に動かして使用されているものとしては国内最大級。歴史的には、平安時代の絵巻物にも描かれているように、「牛車」と呼ばれる当時の貴族の乗り物用として多く作られた。それは、鉄輪をはめない木造車輪で、ボルトやクギ、接着剤などを一切使わず、木材を組み合わせて作る。鉄輪をはめない車輪は、動かすとすり減ったり、また木材の乾燥が十分でないと各部品がばらばらになりやすい。そのため、締め直したり、磨り減った部品を交換したりする必要がある。

竹田工務店が車輪の製造を手がけたのは、鉾の修復を行ったのがきっかけだった。鉾の製作と車輪の製作は、まったく別の技術だったが「車輪も作ってみては」という呼びかけに応じてその技術を習得。およそ25年前から車輪の製造に携わってきた。

続きを読む