株式会社村田製作所は、ET & IoT Technology 2019に出展しました。
進化する組込みの先進技術が集まるEmbedded Technology
“つながる”技術の最先端を網羅するIoT Technology
これからの成長分野を支える先端技術とソリューションを一堂に集めた展示会です。
当社ブースでは、自動運転やスマート工場、スマートホームなどに代表されるスマート社会の実現のため、
すべての人・モノ・コトがつながるIoT社会を支えるムラタならではのエッジデバイス技術を紹介します。

 


   出展アイテム  会場案内  

Murata Icon X 出展アイテム

OWLiQ tracking(省電力タグとBluetooth Low Energy(BLE)メッシュによる屋内測位システム)

高い自由度と低い導入障壁を実現する、省電力タグとBLEメッシュによる屋内測位システムを紹介いたします。工場内のモノやヒトにビーコン発信機を取り付け、動きや位置を“見える化”することで生産性の向上に貢献します。ブースでは測位応答性が改善された当システムを使用したヒトの動きを“見える化”するデモンストレーションを実施します。

OWLiQ trackingの紹介はこちら

Wi-Fiセンシングソリューション

協力パートナーとの展示も注目!
ヒトやモノなどの位置検知や、物流倉庫などのソリューションを当社のパートナー企業とともに紹介します。


Origin Wireless社との協業では、電波を通して人を感知するアプリケーションの開発に取り組んでいます。ブースでは、人の感知、人の呼吸の安定などを感知するデモを行います。

Wi-Fi電波を活用したセンシングソリューションの紹介はこちら
Locix社との協業では、物流倉庫においてトラックや荷物の移動のトラッキングのアプリケーションの開発に取り組んでいます。ブースでは位置検知ソリューションを紹介します。

m-FLIP(工場のデータや効果を“見える化” 設備稼動改善ソリューション)

ムラタ独自の設備稼動分析ソフトウェアと現場経験者によるシステム導入と活用の支援サービスをパッケージ化したワンストップソリューションを紹介いたします。設備稼動率アップによる生産能力の向上や工数削減や、既存リソースを有効活用することにより設備投資抑制に繋げることが出来ます。

m-FLIPの紹介はこちら

LPWA(より少ない消費電力で、より遠くにデータを送る 無線通信技術)

高速、低遅延通信の5GとともにIoT向けでは、より少ない消費電力で、より遠くにデータを送れるLPWAが注目され、各家庭の水道、ガスのようなライフラインの自動検針や、工場設備の監視や予防安全などさまざまなシーンでニーズが高まっています。また、LoRaWANやSigfox に加え、NB-IoT、LTE Cat M1といった新たな通信規格の動きも活発化してきており、注目度がさらに高まっています。 ブースでは、LPWAの各通信規格の特長や、各規格に適合した通信モジュールを紹介します。

LPWAの紹介はこちら

コイン型リチウム電池

ムラタは、最先端の設計・生産技術を駆使した性能・信頼性に優れたマイクロ電池を提供しています。用途に応じた幅広い製品ラインナップにより、多様化する市場のニーズにお応えします。

コイン型リチウム電池の紹介はこちら

無線センサを使用した工場のモニタリングシステム

バッテリ駆動の多種多様なワイヤレスセンサノードにより、レイアウトフリーで設備の見える化と省エネ、予知保全を実現できる監視システムを紹介します。配線レスによる簡易設置で低イニシャルコストを実現でき、遠隔で工場内環境の集中管理が可能となります。

ブースでは、ショックセンサ・無線を活用した回転機器等の振動モニタリングのデモンストレーションを実施します。

無線センシングソリューションの紹介はこちら

Murata Icon X 会場案内


  • 会期:2019年11月20日(水)~22日(金)
  • 会場:パシフィコ横浜
  • 公式サイト:
    http://www.jasa.or.jp/expo/
  • 当社ブースNo.:展示ホールD D-02
  • 出展に関するニュースリリースはこちら>