経営者メッセージ

「技術の東光」らしいものづくりを通して、
豊かで明るい未来の実現に貢献します。

東光は、1955年の創業以来、常に時代を先取りした電子部品の専門メーカーとして、 半世紀以上にわたり電子産業の発展に大きく貢献してまいりました。 特に事業の中核であるコイル関連製品については、技術をより一層深化させながら、 世界各国のお客様にご満足いただける開発・生産体制を展開しています。

経済発展と地球環境保全の両立が急務とされている今、次世代を見据えた、省資源でしかも高効率な製品の開発・提供に注力し、それらの課題に挑戦し続けています。 また、どのような状況下においても、お客様満足へのこだわり、お客様に貢献できる商品を提供していくことへの執念を強く持ち、 お客様のために戦い続けることに注力しています。

また、株式会社村田製作所(以下、ムラタ)のグループ企業として、新商品開発、新事業等の戦略展開の強化を図るとともに、 ムラタの生産技術力を応用することでコスト削減等に繋げ、多方面での効果を出すべく邁進してまいります。 特にものづくりの強化においては、東光の強みである巻線技術、接合技術、成形技術と、ムラタの持っている自動化技術や工程改善力を活用していく事で、 コモディティー商品の量産体制強化等、総合的に生産技術力を強化することにより、スピード、コスト、品質等の強化を図ってまいります。 これまで培った経験と知恵、ノウハウ等当社の特徴と強みを活かしていくことで、多くのお客様に信頼いただけるビジネスパートナーとなるよう取り組んでまいります。

今後も社会とお客様から真に必要とされる企業であり続けるために、CSR活動を重視し、 健全な事業活動の実践に努め、「豊かで明るい未来づくり」に貢献できるよう、全力で取り組んでまいります。
代表取締役社長 
早川 悦生