東光の歴史

東光は埼玉県の鶴ヶ島という、
少し都心から離れた場所に本社を構える
コイル製品に強みを持つ電子部品メーカーです。

創業は、1955年。

世界初となるトランジスタラジオ用
コイルの開発をスタートし、
いまでは海外4の国と地域、10の拠点までに広がり
実はちょっとしたグローバル企業だったりします。
日本特有のものづくり企業の良さと、
グローバルに攻め続けるチャレンジスピリッツ。

そんな私たちの、
過去、いま、そして未来について紹介します。

創業期[東光のはじまり]

東光ラジオコイル研究所を東京都大田区に設立
真空管式ポータブルラジオ用コイルの生産・販売開始
世界初のトランジスタラジオ用IFT(中間周波トランス)開発

東光の技術力の原点は、トランジスタにあり。

 戦後、米軍が開発した高性能、小型真空管はポータブルラジオに転用され、日本でも音楽を聞きながら街を歩く米軍兵士を見かけるようになりました。
 それまで構造が簡単な並4ラジオ受信機に慣れていた日本人にとって、真空管は憧れの存在であり、何とか自分たちの手で作れないかと考えました。
 ただ真空管は電池の消費量が多く便利なようで不便であることが分かりました。
 この消費電力の問題を解決するため、トランジスタを使ったラジオの開発に挑戦したのが東京通信工業(現・ソニー)でした。1955年トランジスタラジオ「TR-52」「TR-55」が発売され、日本から米国へ輸出が開始。自動車、テレビ、ビデオなどその後、世界市場で「メイド・イン・ジャパン」の地位を確立する先駆けとなったのです。
 そのトランジスタラジオのIFTを製造していたのが東光の前身である東光ラジオコイル研究所だったのです。

  • IFTトランジスタ
    IFTトランジスタ
  • TR-55
    TR-55

IFT10F型開発、市場に大ヒット、今日の基礎をつくる

埼玉工場(埼玉県鶴ケ島市)設立、コイル量産体制確立

東京証券取引市場第2部上場

香港東光 設立

東光株式会社(TOKO, INC.)に社名変更、可変コイル開発

アメリカ東光 設立

華成電子 設立

東京証券取引市場第1部上場

ドイツ東光 設立

高速ワイヤメモリ、第3回日本産業技術大賞 内閣総理大臣賞受賞

面実装可変コイル開発

成長期・グローバル展開

合計4の国と地域、10拠点。世界各国で事業を展開。

 1963(昭和38)年、香港東光への設立を皮切りに、東光は日系コイルメーカーとして、いち早く海外に進出してきました。
 当時、世界の電子工業メーカーは生産の主力を香港・台湾・韓国などにおくようになっていました。
 こうした状況を考慮し、1967(昭和42)年に台湾東光、1969(昭和44)年に華成電子を設立し、次々に生産拠点を海外に展開していきました。その他アジアでは、1971(昭和46)年にシンガポール東光、1973(昭和48)年にマレーシア東光が設立され、香港東光を核として、アジア圏のネットワークが形成されていきました。
 その後80年代から90年代にかけて、各国の賃金上昇などの外的要因から生産拠点の再編を余儀なくされた際にも、香港東光は中国進出のコントロールセンターのような役割を果たしてきました。現在当社では、合計4の国と地域、10拠点でワールドワイドに事業を展開しています。

  • 華成電子(台湾)
    華成電子(台湾)
  • 越華電子(ベトナム・ダナン)
    越華電子(ベトナム・ダナン)

AMトラッキングの無調整方式(ATS)の確立

面実装ヘリカルフィルタ開発

小型誘電体フィルタ開発

華建電子 設立
電源回路用面実装パワーインダクタ開発

サラワク東光 設立
小型誘電体アンテナ開発、2012サイズ積層チップインダクタ開発

1608サイズ積層チップインダクタ開発

マニラ事務所 開設、越祥電子 設立、珠海東光 設立

ソウル東光 設立、1005サイズ積層チップインダクタ開発

東光科技 設立

高周波通信用誘電体導波管フィルタ開発

華鉅科技 設立、2.4GHz帯11Mbps無線LANカード開発

東光コイルテック株式会社 設立

タイ東光 設立、東光科技北京事務所 開設
携帯電話用耐衝撃構造閉磁路型固定インダクタD312C開発

越華電子 設立
大電流対応一体成型構造DC-DCコンバータ用固定インダクタFDシリーズ開発

シンガポール東光 設立
準ミリ波/ミリ波(2~60GHz帯)誘電体導波管フィルタWDFMシリーズ開発

創立50周年
面実装型3軸アンテナコイル開発
昇龍東光科技 設立

華龍東光科技 設立
東光電子製造廠 寶龍工場 設立、北上科技 設立
積層パワーインダクタMDT開発

DFEC(超小型メタルアロイ®パワーインダクタ)開発
旭化成エレクトロニクス株式会社へ半導体事業譲渡
埼玉県鶴ヶ島市に本社移転

越華電子 第二工場竣工

南昌工場 設立
TPMS(Tire Pressure Monitoring System)向けLF送信アンテナモジュール開発

東光の未来

株式会社村田製作所と資本業務提携
PKE(Passive Keyless Entry)向けLF送信アンテナコイル開発
DFER開発

株式会社村田製作所と資本業務提携強化
DFEG、DFEH、DFEP開発

株式会社村田製作所 連結子会社へ
DFEE、DFES開発

株式会社村田製作所へ販売権譲渡
高信頼性フェライトパワーインダクタMDH開発
創立60周年

村田製作所の完全子会社化

次なる成長のために、村田製作所グループに。

 2014年3月、グローバルに競争が激化するエレクトロニクス業界において、今後もさらなる成長を続けていくため、東光は大きな決断を下しました。これまでも世界的な販売網や高いマーケティング力、生産技術力などの面で協業関係にあった村田製作所の連結子会社として、新たな一歩を踏み出すことになったのです。
 この資本提携により、東光が強みとしているパワーインダクタの販売拡大をめざし、さらに両社の技術を連携させた次世代型のインダクタ関連商品が開発できる体制が構築できました。
 めまぐるしく変化する世界市場において確固たるポジションを築いていくために、これからも東光はさまざまな場面でチャレンジし続けてまいります。

  • 村田製作所本社
    村田製作所本社
  • 製品(MLCC0201)
    ムラタ製品(MLCC0201)
  • 村田と東光の共同開発 DFES
    ムラタと東光の共同開発品(DFES)