東北風土マラソンに参加しました

NewsArticleTitle

2018/04/18

カテゴリー: 地域交流活動

東日本大震災からの復興を願って東北の郷土食を味わいながら走る「東北風土マラソン&フェスティバル2019」が23、24の両日、登米市長沼フートピア公園で開催されました。
今年も、全国各地から参加者が集い、フルとハーフ、リレーなど9部門で計5826名の方が出場されたそうです。
登米村田からは、マレーシアからの出張者1名を含む、ボランティア12名、ランナー10名が参加しました。
今年は例年になく、朝から降雪があり強い風が吹くなど非常に冷え込みましたが、スタート後には雪も晴れ、全員無事完走することができました。ボランティアにとっても身にしみる寒さでしたが、仮装したランナーが我々を楽しませてくれたり、時には東北各地のグルメをいただいたりと楽しい一日となりました。
東北風土マラソンは、宮城県唯一のフルマラソン大会&フェスティバルの同時開催で、走る人はもちろん、来場者全員が楽しめるマラソンイベントです。来年も沢山の人が登米市に集まってほしいですね。
登米村田では、今後も地域イベントへの支援を行い、登米市の発展に貢献していきたいと考えております。

東北風土マラソン
東北風土マラソン

東北風土マラソン
東北風土マラソン

東北風土マラソン
東北風土マラソン