ムラタのLoRaモジュールを選ぶ理由

テーブルの行とセルをCSSだけでハイライト

Murata Icon X ムラタの強み

ムラタの強み


  • ハードウェアとRFの設計能力
  • 幅広い製品ラインアップ
    1. - ワンストップのソリューション
  • 強力なグローバルネットワーク
    1. - 世界各地への拠点展開
  • トップシェア
    1. - 確固たる実績
  • 安定供給とサポート
    1. - 幅広い流通チャネル
  • 強力なパートナーシップ
    1. - グローバルマーケットリーダーとの強力な関係を構築


関連コンテンツ

[記事] IoT本格化で存在感を増すLPWA、部品提供だけではない村田製作所のLPWA戦略

[動画] LPWAにおけるムラタの強み


topへ  

Murata Icon X モジュール化手法によるメリット

  • 小型化
  • BOMと部品供給の簡素化
  • 市場投入期間の短縮
    1. - RF設計と認証の簡素化
    1. - 設計資源の削減
    1. - 製品化プロセスの簡易化とテスト期間の短縮
  • 市場をリードするICメーカーとのパートナーシップ
  • Semtech、STMicroelectronicsと強力なパートナーシップを築いているムラタ
    1. - 安定供給
    2. - 高品質
  • 不良率低減
  • 無線標準規格対応
    1. - 無線認証に要するコストの軽減と期間の短縮
    2. - コンプライアンス遵守
    3. - 低リスク


topへ  

Murata Icon X ムラタのLoRaモジュール

(1) 業界最小のモジュールサイズ
(2) 各種オプションを用意
(3) 1つのモジュールでアメリカ、ヨーロッパ、ASEANをカバー
(4) 魅力的な価格帯
(5) LoRa®の認証
(6) 無線認証

(1) 業界最小のモジュールサイズ

- 最小のエンドデバイスを設計可能
- コンパクトなLow Power Area Network(LPWAN)無線モジュールを実現可能
- LoRaWAN長距離無線プロトコルをサポート


  • 「オープン」な
    STM32 M0+ プロセッサを内蔵
    Murata Standalone LoRa Module
    1. - スタックおよび
      アプリケーション用
  • SX1276 RFIC
    1. - 世界各地の周波数帯を
      ターゲットとする
  • PAブースト機能
    1. - 範囲:+14dBm ~ +20dBm
  • 内蔵TCXO
    1. - 幅広い温度範囲で高い性能を実現
  • 16本のGPIOを装備
  • 幅広い電源電圧に対応
  • (*組み込みセキュアエレメント用のオプション)
  • スタンドアロン型のエンドノードに最適

(2) 各種オプションを用意

ムラタ LoRaモジュール の製品ラインアップ

(3) 1つのモジュールでアメリカ、ヨーロッパ、ASEANをカバー

- ヨーロッパ、アメリカ、アジア太平洋地域の周波数帯をサポート
- クラスA、B、Cのデバイス動作をサポート

  • クラスA
  • 現在サポート中
LoRa Table
  • クラスB
  • サポート予定
  • クラスC
  • 現在サポート中
   
   
   

クラスA、B、Cのデバイス動作をサポート

クラスA – エンドデバイス間の双方向通信

  • クラスAのエンドデバイスは双方向の通信が可能で、各エンドデバイスのアップリンク送信の後に、2つの短いダウンリンク受信ウィンドウが続きます。

クラスA – エンドデバイス間の双方向通信

クラスB – スケジュールが設定された受信スロットを用いたエンドデバイス間の双方向通信

クラスB – スケジュールが設定された受信スロットを用いたエンドデバイス間の双方向通信

  • クラスBのデバイスは、クラスAのランダムな受信ウィンドウに加え、スケジュールが設定されたタイミングで受信ウィンドウを開くことができます。

クラスC – 最大限の受信スロットを用いたエンドデバイス間の双方向通信

クラスC – 最大限の受信スロットを用いたエンドデバイス間の双方向通信

  • クラスCのエンドデバイスは、ほぼ常時受信ウィンドウが開いており、送信時のみ受信ウィンドウが閉じられます。

ページのトップへ戻る

(4) 魅力的な価格帯

- 高いコスト効率
- 主要な代理店経由で入手可能
 
ムラタのLoRa Moduleを
購入する(購入・サンプル入手)
    購入

(5) LoRa®の認証

  • ムラタのLoRa®モジュールは、
    LoRa AllianceTMの認証を取得済

https://www.lora-alliance.org/Products/Certified-Pro

LoRa認証済のテストハウスレポート
  • LoRa認証とは

LoRa認証についての説明

ムラタはLoRa AllianceTMのメンバーです。
https://www.lora-alliance.org/The-Alliance/Member-List

(6) 無線認証

- TELEC 認証取得済、FCC/ IC認証取得済、CE規格準拠
- FCC ID VPYCMABZ / IC ID 772C-CMABZ
- EN 300 220試験データ
- モノポールアンテナで認証取得(1.04dBi未満)
- ムラタのEVBを用いて試験を実施
- データをテストハウスに提供可能
SGSのRFテストレポート


*最新
放送通信機資材などの適合認証
国立電波研究院、韓国)

Korea NRRA Certification CMWX1ZZABZ


テーブルの行とセルをCSSだけでハイライト
STMicro Discovery Kitを
購入する
  ムラタのLoRa Moduleを
もっと知る
  ムラタのLoRa Moduleを
購入する
(購入・サンプル入手)
  質問する
・LoRaモジュール(STMicro Discovery Kit)を評価されるお客様専用サイト
・STMicro Discovery Kit同梱の“Registration Code”の入力が必要
*my Murataを初めて利用される方


topへ  

関連情報